セゾン投信

セゾン投信

確固たる運用哲学!長期分散投資ファンド「セゾン投信」

セゾン投信の起源は2007年3月から2本のファンドの運用を開始したことにあります。
2本のファンド名は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」です。
運用開始からこの2つのファンドは好調に成績を上げ、2014年11月には資産運用総額が1000億円を突破しました。
また、セゾン投信代表取締役社長の中野晴啓氏は数々の好著を出版していることでも知られます。
中野晴啓さんのAmazon最新の本はこちら
今回はそんなセゾン投信について解説します。

セゾン投信の特徴

セゾン投信は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」という2種類のファンドを運用しています。
実はこの2つのファンドにはある共通する運用哲学があります。

第一に「市場動きの予測は行わない」ということです。
市場の動きを読むことはプロのファンドマネージャーでも至難の技であると言われます。
市場は時に不規則に変化するものなのです。
その為に、セゾン投信では市場予測に基づく運用を行なっていないのです。

また第二にセゾン投信では「長期視点での分散投資」を運用コンセプトにしています。
着実な資産形成を行うには時間を味方につけ、長期的な視点で国際分散投資を行うのが得策だと言われています。
セゾン投信はそんな運用哲学をそのまま体現しているのです。

これらのブレない投資姿勢こそが長年にわたる好実績の秘訣です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)でセゾン投信に投資出来るのは楽天証券だけ

個人型確定拠出年金(iDeCo)で唯一セゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」を選べる証券会社が楽天証券になります。

イデコでセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」を検討中の方は楽天証券に口座開設しましょう。
楽天証券に関する記事はこちらになります。

楽天証券

2017.05.31

セゾン投信を個別に分析してみよう

さて、セゾン投信には「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」という2種類のファンドがあります。
次はこれらのファンドを個別に見てゆきたいと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」基本情報
 ・購入単位:1万円以上1円単位、定期積立プランの場合は5000円以上1000円単位
 ・信託報酬:年0.68%±0.03%(税込)
 ・信託財産留保額:0.1%
 ・決算:再投資型(年1回12月10日)設定来一度も分配金を出さず効率的な運用ができています。

純資産残高は約1300億円。
基準価額は現在13000円を上回っています。
株式と債券の投資比率は原則として50:50にしておりトータルリターンはこの10年で2.76%を記録しています。
主要投資対象は、国内外の株式、債券です。

インデックス型の外国投資証券への投資を通じて、全世界30カ国以上の株式、及び10カ国以上の再建に分散投資を行なっています。
運用方式は投資信託に投資を行うファンド・オブ・ファンド方式をとっています。

まずこのファンドの大きな特徴はバランス型のファンドであるということでしょう。
その為リバランスも自動で行なってくれます。
投資対象はこの一本で済んでしまうような好成績のトータルリターンも素晴らしいです。
ちなみにポートフォリオの比率はGDP比ではなく各国の株式市場、債券市場の時価総額ベースで決めているそうです。
インデックス型への投資が中心なので安定的な値上がりが見込めるのではないでしょうか。

購入方法は定期積立プランとスポット購入の2つがあります。
定期積立プランは月々5,000円以上1,000円単位で購入が出来て、ボーナス月など特定月に増額することもできます。
スポット購入は10,000円以上1円単位でお好きな時に随時購入可能です。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの販売手数料などの費用

信託報酬が0.74%とかなり安い!

日本株インデックスファンドの平均的な信託報酬は0.8%前後、日本株アクティブファンドの平均的な信託報酬は1.5%程度のものが多いです。

セゾン・バランスファンドは上記で説明した通り世界中の株や債権を分散投資してますので、本来信託報酬も高いのと思われがちですが日本株インデックスを下回る0.74%とかなり割安な信託報酬と言えます。
※信託報酬が1%違うだけで、20年後には30万円以上の差になりますので信託報酬が低いことは投資信託を選ぶ際に重要なポイントとなってきます。

項目 %
販売手数料 0%
実質的にご負担いただく
信託報酬
年0.68%±0.03%(税込/概算)
信託財産留保額 0.1%

セゾン資産形成の達人ファンド

セゾン資産形成の達人ファンドの基本情報
 ・購入単位:1万円以上1円単位、定期積立プランの場合は5000円以上1000円単位
 ・信託報酬:年1.35%±0.2%(税込、(投資対象先の運用管理費用も含む)
 ・信託財産留保額:0.1%
 ・決算:年1回(12月10日)設定来一度も分配金を出さず効率的な運用ができています。

純資産残高は約400億円。
基準価額は現在17000円を上回っています。
トータルリターンはこの10年で5.70%の好成績を記録しています。
主要投資対象は、国内外の投資信託証券です。
一貫した「長期投資」という投資哲学に基づいて運用されています。
運用方式は原則的には投資信託に投資を行うファンド・オブ・ファンド方式をとっています。

2018年日経WOMAN投信大賞で大賞を受賞もしている「セゾン資産形成の達人ファンド」は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と比べるとアグレッシブな運用が特徴的です。
投資先となるファンドは全てアクティブ型となっています。

その為に信託報酬率は高めに設定されていますが、それを上回る驚異的な成績を上げ続けています。
基本的には株式100%の運用となっています。
しかし、市場の変化により債券の投資へシフトする柔軟性も兼ね備えています。

セゾン資産形成の達人ファンドの販売手数料などの費用

手数料は割高だが、それを上回る成績!

株式100%のアクティブファンドのため手数料は割高に感じますが組入ファンドそのものや比率を変えながら長期に運用していく形を取っていますので手間暇掛けて運用されてます。

成績も設定来10年以上素晴らしい成績を残しており長期投資のアクティブファンドとして確固たる地位を築き上げてます。

項目 %
販売手数料 0%
実質的にご負担いただく
信託報酬
年1.35%±0.2%(税込/概算)
信託財産留保額 0.1%

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と「セゾン資産形成の達人ファンド」初心者にはどっちがいいの?

結論から言うと初めて投信信託を始める人は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の方がオススメです。

なぜかと言うと「セゾン資産形成の達人ファンド」100%株式のため日経平均よりも大きな価格変動が起こります。
積立した金額が大きくなった時に暴落すると半値近くになったこともあり値動きに耐えられなくなる可能性があり、リスク許容度の高い人向けのファンドです。
※リーマンショックの時、セゾン資産形成の達人ファンドは約5割の大暴落しました。

その分リターンも期待出来ますのでリスクを許容出来る方は「セゾン資産形成の達人ファンド」にするべきです。
コツコツと確実に積み上げて行きたい方には「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が良いと思います。

セゾン投信はこんな方にオススメ!

初心者の方、何を買っていいかわからない人、コツコツ積立していきたい人

ネット証券を始め証券会社で投資信託の銘柄を見ているとどれが良いのかわからないですし誘惑も多いです。

私がセゾン投信を投資初心者にオススメする理由は以下です。
・銘柄が2つしかないシンプルさ
・1つの銘柄を選べば世界中に分散投資出来る
・ファンドの方針が長期投資を基本としている

銘柄が2つしかありませんので、めんどくさい人や何を買ったら良いかわからない方には非常にわかりやすいです。

年率2-3%前後のリスクを取りたくない方は「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」(インデックス型)を選び
攻めたい方は「セゾン資産形成の達人ファンド」(アクティブ型)を選ぶだけです。

個人的にはセゾン投信のサイトが微妙にアナログなのも良いです。
基本的に投資金額の変更や銘柄を買う時は書類郵送での対応になりますので、しっかり自分で考える時間があります。
また、電話サポートもしっかりしているので初心者にも安心して始められます。

興味ある方は一度資料請求してみることをオススメします。

口座開設の準備

口座開設にはメールアドレス、金融機関口座番号(本人名義)、本人確認書類・印鑑が必要となります。
口座開設の前に準備が整っているかをご確認ください。

セゾン投信 まとめ

「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」、「セゾン資産形成の達人ファンド」共に好調な実績を積み上げている有能なファンドです。
セゾン投信代表取締役社長の中野晴啓氏の著書からも信頼あるファンドであることがわかります。

通常の積立投資だけでなく、個人型確定拠出年金(iDeCo)の投資対象としてもオススメです。
ただしiDeCoで運用する場合は現在は楽天証券でしか取り扱っていないので注意してください。

管理人の私もセゾン投信にてジュニアNISA(積立)にて「セゾン資産形成の達人ファンド」をやっております。


【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。