マネックス証券

マネックス証券

目次

証券会社比較「マネックス証券」

マネックス証券評価図

初心者投資生活独自比較ランキング

人気 ノーロード NISA積立 iDeco 投資情報 スマホ
5位 4位 4位 取扱無 3位 4位

圧倒の米国株取扱数!マネックス証券

マネックス証券サイトTOPイメージ
マネックス証券は米国株取扱数の多さで有名な証券会社です。
米国株式投資を中心に考えている方には特にオススメです!
マネックス証券は投資初心者にも優しい証券会社なのです。
そんなマネックス証券の魅力を解説します。

マネックス証券が選ばれる8のポイント

 1、米国株取扱数ナンバーワン!
 2、1,000円からの投資信託
 3、高機能ツール「トレーディングツール」
 4、「J.P.モルガン・アナリストレポート」が無料閲覧できる
 5、投資を学べる充実のオンラインセミナー
 6、手数料を安くできる豊富な手段
 7、NISAなら国内株だけじゃなく、海外株も買付手数料が実質無料
 8、度々開催?投資信託申し込み手数料無料キャンペーン

1、圧倒的な米国株取扱数!

マネックス証券の特筆すべき点といえば、米国株取扱数が豊富なことでしょう。
日本経済の将来性が危惧される今、アップルやヤフーなどの海外大手に投資を行いたいと考えている人も多いのではないでしょうか?
米国有名企業への投資を考えているならマネックス証券でしょう。
手数料も業界最低水準でオススメです。
国際株式型ファンドも300本を超え豊富な種類を揃えています。

2、1000円からの投資信託

マネックス証券では1000円からの投資信託で国際分散投資を行うことができます。
比較的低価格から投資信託を売買できるので、積立投資も気軽に行えます。
マネックス証券でしか投資できない投資信託もあります。
詳しくはコチラ

3、高機能ツール「トレーディングツール」

マネックス証券では様々な「トレーディングツール」を利用することができます。
例えば、マネックストレーダーというツールを使えば、30年分の長期チャートが確認できる他、プロのトレーダーと同水準の環境を自宅でも再現できます。
また、マネックストレーダーとほぼ同機能のスマホ向けの高機能アプリや米国株に特化したアプリなども利用することができます。

マネックス証券NISA

4、「J.P.モルガン・アナリストレポート」が無料閲覧できる

マネックス証券では、様々なニュース等投資家に有益な情報を入手することができますが、中でも「J.P.モルガン・アナリストレポート」を閲覧できるのは優れた強みです。
「J.P.モルガン・アナリストレポート」は機関投資向けにJPモルガンが作成しているレポートです。
これを読むことで、経済状況やマーケット動向などをタイムリーに知ることができるのです。

5、投資を学べる充実のオンラインセミナー

マネックス証券では投資家向けの無料セミナーを頻繁に開催しています。
セミナーで投資方法や市場動向などの詳しい解説を聞くことができます。
セミナーを積極的に受講することによって、投資家としての成長が期待できます。

マネックス証券NISA

6、手数料を安くできる豊富な手段

マネックス証券の手数料は他のネット証券と比べて安いとは言えませんが、マネックスポイントの使用など、様々な方法で手数料を安く抑えることできます。

7、NISAなら国内株だけじゃなく、海外株も買付手数料が実質無料

マネックス証券はNISA口座で投資を行う際もお得です。
マネックス条件なら国内株の売買手数料は無料です。
さらに、米国株や中国株の買い付け手数料を実質無料に抑えることができます。

マネックス証券NISA

8、度々開催?投資信託申込手数料実質0円キャンペーン

マネックス証券は度々お得なキャンペーンを開催しています。
例えば「投資信託申込手数料実質0円キャンペーン(2017年6月1日〜2017年7月31日)」では投資信託の申込手数料がなんと全額キャッシュバックされます。
マネックス証券では、このように投資家に嬉しいキャンペーンを定期的に開催しているのです。

マネックス証券で投資信託を考えている方はコチラから

口座開設の準備

口座開設にはメールアドレス、金融機関口座番号(本人名義)、本人確認書類・印鑑が必要となります。
口座開設の前に準備が整っているかをご確認ください。

本人確認書類の便利な提出方法
口座開設の際にWEBアップロード・書面・Eメールと選択出来ます。
本人確認書類の提出方法をご選択ください。 カード型本人確認書類がお手元にある方はWEBアップロードがオススメ。

マネックス証券 まとめ

マネックス証券の特筆すべきポイントはなんといっても豊富な米国株取扱量でしょう。日本経済の将来が不安視される中、海外の多くの企業に投資できることはかなりの強みと言えます。
また、高機能のトレーディングツールや充実した無料セミナーやなど、投資家に嬉しいサービスが揃っています。
度々開催されるキャンペーンにも注目です。
投資初心者だけでなく、投資家の成長までを視野に入れた証券会社といえます。







ネット証券 米国株ならマネックス証券
口座申込はこちら!

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。