確定拠出型年金 企業型と個人型の違い

拠出型年金企業型と個人型の違い

確定拠出年年金には、大別すると2つのタイプがあります。
1つは「個人型」、もう1つは「企業型」です。
最近よく話題に上がっているのは、主に「個人型(iDeCo)」の方です。
話題に上がっている理由は、2017年1月の制度改善で多く人が「個人型」に加入できるようになったからです。
もちろん「企業型」にも多少の制度改善はあったのですが、「個人型」の改正のインパクトが強かったので「個人型」に強くスポットが当たっているのです。

個人型とは

「個人型」とは、個人がお金を拠出する確定拠出年金です。
つまり「個人型」加入者は自分で収入の一部を積み立てていくのです。
基本的なルールは全国共通で、毎月5000円から積み立てられます。
金額の変更は1000円単位で変更可能です。ちなみにこの金額は一年に一度変更することができます。

「個人型」での月額限度額は一人当たり国民年金基金の掛け金または、国民年金の付加保険料と合算して月額6万8000円(年間81.6万円)までです。
拠出した金額は全額所得控除になります。

「個人型」加入の条件は満20歳以上であることと、国民年金を納めていることです。
今年の制度改善でさまざまな人が加入できるようになった為、原則20〜60歳までのあらゆる世代が、個人型に加入できるようになりました。

企業型とは

「企業型」は企業が福利厚生の一環として導入し、お金を積み立てていく確定拠出年金です。
企業が福利厚生の一環として導入している為、企業が「企業型」導入していた場合、その社員は強制的に加入していることになります。

掛け金は主に企業が拠出します。(損金算入)
掛け金の運用の指図は加入者(従業員)が行い、その運用に係るリスクは加入者(従業員)が負います。
従業員が拠出した掛け金はその全額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となります。
掛け金は企業から出ていることが多いので、従業員はいつの間にかトクをしていると言えます。
しかしながら「企業型」を導入するためには諸々の費用がかかるために、ある程度お金に余裕がある企業しか導入できてないのが現状です。

また「企業型」は転職時に年金資産の持ち運びができます。
これをポータビリティといいます。
自分で積み立てた元本はもとより、運用で生じた利益もしっかりと保有できます。
転職先の企業に確定拠出年金の制度があれば、そのまま継続して毎月掛け金を積み立てて、運用を続けることが可能なのです。
また、転職先に確定拠出年金がないときは、「企業型」から「個人型」に移行することで、運用を続けることができます。
これは個人の資産を守るという面で非常に優れたメリットです。

マッチング拠出とは?

「企業型」とは一般的に企業がお金を拠出する確定拠出年金ですが、例外もあります。
会社が拠出する掛け金に加え、加入者本人が掛け金を上乗して拠出することができるという規約を定めれば、企業型であっても社員である個人が追加してお金を拠出することができます。
これを「マッチング拠出」といいます。
しかし注意すべき点があります。
上乗せする金額は、事業主の掛け金よりも大きくなってはいけないということです。
例えば、事業主の掛け金が1万円だとしたら、上乗せ金額の限度額は1万円となります。

「個人型」と「企業型」のまとめ

「個人型」、「企業型」共に細かい違いはありますが、「個人が毎月掛け金を決めて積み立て運用するのが個人型、対して会社が掛け金を拠出して、それを加入者一人一人が運用するのが「企業型」と覚えておけばいいでしょう。

ちなみに2016年9月の段階で「企業型」の加入者数は610万人です。
対して、「個人型」の加入者は38万人ほどです。(2017年2月28日)
実際、個人型はまだそれほど普及していないのが現状です。

しかしながら、「個人型」に加入することで得られるメリットはとても沢山あります。自由度という面でも見ても「個人型」は非常に優れています。
「個人型」の加入を検討されている方は加入することをオススメします。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!