NISAのデメリットと損失を出さないための対策

NISAのデメリットと損失を出さないための対策

要注意!NISA口座では利益を上げることが前提

販売会社でNISA口座を作れば、その口座で購入した投資信託に対して分配金や値上がり益が5年間にわたって非課税となり、丸々全額受け取ることが出来る。
このようにNISAは投資で得られた利益が非課税になるという、とてもお得な制度であると紹介しました。

しかしながら、これには落とし穴があることにも気づいておく必要があります。
それは、投資で損出が出てしまっていたならば、NISA口座であっても一般口座であっても、そもそも税金が課されないということです。
投資で得た利益に課税されるので、これは当たり前のことです。
つまり、損失が出ていた場合は、NISA口座の非課税という優れたメリットは意味のないものになってしまうのです。

さらに、一般口座で損失が出た場合は、他の金融資産で出た利益と相殺(これを「損益通算」という)することができるのですが、NISAの場合は非課税というメッリトを得る代わりに、他の金融資産で出た利益と相殺することができないのです。

NISA口座で損失が出たとしても、他の口座で出た利益との相殺による節税ができないので、NISA口座を利用する上では利益を出すということが非常に重要なキーポイントになるのです。

長期投資はNISAでも有効、しかし期間限定に注意

投資においてリスクを小さくする方法の1つに長期的に投資を行うという方法があります。
一般的に投資信託は中長期の投資を前提にした金融商品です。
時間をかけてじっくり安全に資産を増やそうという方に向いています。
値上がり益や分配金への税金がゼロになるNISA口座でも長期での投資を意識した運用が効果的です。

しかしながら、気をつけるべきポイントがあります。
NISAは非課税で投資ができる期間が限定されているということです。
NISA口座の非課税期間は、最長で5年間となります。
5年後の年末に翌年の新しい非課税管理口座に移し替えて継続して運用を続ける「ロールオーバー」という方法を利用できますが、大きな損失を出してしまうと、その金額を取り戻すことは非常に困難です。(ロールオーバーの利用可能期限は2023年まで)

また、損失が出てしまったからといって一般口座に移し替えることにも注意が必要です。
それは一般口座に移し替えた時の価格が自動的にその投信の取得価格になってしまうからです。
損失が出ているならば、まずは投資信託の売却やロールオーバーを検討すべきでしょう。

もし一般口座に移し替えたとして、その後その投資信託がNISA口座で購入した価格を取り戻せたとしても、この値上った分には税金が約20%課されます。
つまり、損失が発生している状態で一般口座に移し替えた場合は、NISA口座で購入した金額以上の価格まで値上がりしなければ、その損失分を埋め合わせることができないのです。

もしNISA口座で投資信託の運用を考えている場合、長期的に運用するのを前提にしていたとしても投資信託をほったらかしにするのではなく、利益を確定させる売りタイミングをしっかり考えることも必要なのです。

NISA口座での損失を抑える為に

NISA口座で損失を防ぐためには、あらかじめNISA口座を利用する5年間での目標額を決めてしまう方法もいいでしょう。
NISA口座で投資信託を運用する方は、基本的に中長期での保有が原則的になります。
すぐに利益を出したなら、NISA口座での投資商品には投資信託を選ぶ必要はないのです。

目標額を定めることは一般口座で投資信託を運用する際に非常に大切なことです。
NISA口座で投資を始める前に「5年後、どのような目標のためにいくら必要なのか」あらかじめ決めておきましょう。
初心者の投資勉強的な位置付けにあるNISAですが、なんとなくで運用したり、勉強の為ではお金はたまりにくいものなのです。
目標額を設定することによって、効率的に目標達成するためにどの投資信託を選べばいいのか検討することができるのです。

NISA口座で投資信託の運用を考える際は、事前に目標を定め、損失を出さないように利益を確定させるタイミングをしっかりと見極めることが大切なのです。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!