NISA口座で投資信託を運用する2つのメリット

NISA口座で投資信託を運用するメリット

NISAは最長5年間という非課税期間が決まっています

その為、非課税効果を最大限享受するために、短期間で大きな利益を得ることができる株式投資の方がいいと考える人もいらっしゃるかもしれません。
この考えかたはあながち間違いではありません。
なぜなら利益が大きければ大きいほど税金も大きく課される為に、結果として非課税というメリットが生かされるからです。

しかしながら、大きい利益が得られる金融商品であるということは逆に言えば、それだけリスクが伴うものであるということを忘れてはいけません。
逆に大きく損失を被ることもあるのです。

NISAでは損益通算を利用することができない

NISA口座を利用する上で知っておくべきことがあります。
NISA口座では損失が出た場合、他の一般口座などの利益と相殺することができる損益通算を利用することができません。
その為にNISA口座で損失を出すことは避けるべきなのです。

つまり、購入した後に価格が大きく上昇することだけを想定していては、NISA口座での商品選びを見誤ることになります。
NISA口座を効率的に利用するには、利益額を大きくすることは間違いではないですが、一方で確実に利益を上げることも大事なのです。

なぜNISA口座で投資信託に投資することがオススメなのか

確実に利益を上げることを考慮した場合、NISA口座で投資信託を購入するメリットが見えてくるはずです。
1万円程度から購入することができる投資信託には株式にはない2つのメリットがあります。

①分散投資が容易にできる
②積立投資が自由自在にできる

メリット1 分散投資が容易にできる

1つ目のメリットは投資先の分散が容易にできることです。
例えば、株式投資の場合1つの銘柄を買うのに、一般的に数十万円もの用意が必要になります。
NISA口座では購入限度額は年間120万円までと決まっているので、例えば1銘柄60万円の上場株式を購入した場合、1回の購入だけで年間の購入限度額の半分を利用してしまうことになります。

分散という面で考えた時、1万円程度から購入できる投資信託の方がNISAの利用方法としてマッチしているのは明らかです。
例えば、日本株の投資信託を選ぶと、数十〜数百銘柄に一度に分散投資ができるのです。
そして、株に限らず投資信託であれば、国内外債券や不動産、金などさまざまな資産への分散投資を株よりはるかに少ない金額で行うことができます。
投資信託は他の金融商品と比べて金銭面でのハードルが低く扱いやすいのです。

メリット2 積立投資が自由自在にできる

2つ目のメリットは積立投資が自由自在にできるということです。
例えば株の場合、最低投資額が高額なために1単元の購入しかしないことが多くなります。
これは購入額が年間の購入限度額を大きく埋めてしまうからです。
その為に、1単元ごとに買うか買わないかの二者択一の判断に悩まされることになります。
また、年間の購入限度額の問題から1つ1つに判断に伴うリスクも非常に高いものになります。
もし購入した株の価格が下落し損失を出した場合は、その損失をNISA口座での投資で埋め合わせるのは非常に困難です。

しかしながら、投資信託ならば同じ投資信託を数回に分けて買ったり、違う種類の投資信託を同じ金額ずつ低額で買ったりすることができます。
このように投資信託は買う回数や種類を容易に分けることができるのです。
また、投資信託を売るときも、一部だけの売却を検討することができます。

NISA口座で投資信託を購入することはメリットが多くとてもオススメなのです。
また、どうしてもNISA口座では株式を運用したという人も投資信託を購入することは有益です。
NISA口座で株を購入する際、1単元が高額な為に120万円の枠をぴったりと使い切ることは至難の業なのです。
株を購入した後の枠を投資信託で埋め合わせることにより、効率的にNISA口座で資産を運用することができるのです。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!