メリット絶大!NISA(ニーサ)とは?運用とルールについて

NISA(ニーサ)とは?運用とルールについて

投資信託での資産運用を考えていらっしゃる方にはNISA(ニーサ)というかなりお得な制度の利用をオススメします。
注意すべき点は多少ありますが、NISAを利用しない手はありません。
非課税というのはとても大きなメリットです。
あなたもNISAを利用して個人投資家への一歩を踏み出してはいかがでしょうか?

NISAとは?

NISAは2014年から始まった制度です。
満20歳以上の人が一人一口座のみ開設できる少額投資非課税制度のことです。
NISA口座では年間で最大120万円までの投資が可能です。
また、株式や投資信託などを売買した際に得られる利益(譲渡益のこと)や配当(分配)金にかかる税金が最大で5年間非課税になります。

つまり、NISA口座を利用して投資を行えば、投資を開始した年を含めて5年後までに売却し得られた利益に対して非課税、つまり税金がゼロになるのです。
また、住民票さえあれば外国人の方でも口座開設ができます。

例えば、普通口座に投資している投資信託を売り、10万円の利益を得られたとします。
この場合、通常は約20%の税金(うち復興特別所得税0.315%)が課せられ、受け取る際の利益は約8万円に下がってしまいます。
つまり、約2万円の税金が引かれたことになります。
この約20%の税金は投資家にとっては非常に痛いダメージなのです。
しかしながら、NISA口座で投資をすれば、利益分の10万円を丸々受け取ることが出来るのです。
とてもお得ですよね。

NISAは投資初心者にもオススメの制度

NISAはこれから投資を始めるという初心者の方にもオススメの制度です。というのもNISAが開始された元々の目的には、家系の中に眠っている貯蓄を市場に回してもらおうという意図があるからです。
日本の家計には1500兆円もの貯蓄が眠っていると言われます。

したがって、NISA口座で扱える商品を投資未経験者や初心者向けの金融商品にある程度絞ってあります。(中には例外もあります)
初めて投資を行おうと考えている方には、まずNISA口座の活用から検討することをオススメします

ちなみにNISA口座を新規開設できるのは2023年末までとなります。
利用を検討されている方は2023年末までに口座を開設しましょう。

NISAを利用する上で注意すべき点

NISAを利用する上で注意すべき点がいくつかあります。
NISAを利用する前にしっかり確認して理解しておきましょう。

年間利用額は最大120万円まで

まず理解しておくべきことは、NISA口座で購入できる金額上限は120万円までだということです。
120万円を超過した分に関してはNISA口座を利用することはできません。
この場合は、普通口座で購入することになります。
普通口座で購入した際にはもちろん約20%の税金が課せられてしまいます。

また、この120万円という金額にはさらに注意すべき点があります。
この120万円はあくまで購入金額の上限であり、売却した分は対象外であるということです。
120万円までの売買を繰り返すことは可能です。(例えば、投資信託を12ヶ月間10万円ずつ継続して購入するなど)
しかしながら、売却した分が、上限額から引かれることはありません。

例えば、NISA口座を利用し50万円分の投資信託を購入し、それを全て売却した場合を考えます。
50万円分を購入したのち売却したので、上限額は再び120万円に戻ると考えがちです。
しかしなら、上限額が復活することはありません。
この年の残りの利用可能額は70万円のままなのです。

年間非課税枠を翌年に繰り越すことはできない

もう一点NISAを活用する上で注意すべきことがあります。
上限額120万円を5年間運用できるので合計600万円分が非課税になると考えがちです。
これは間違いではないのですが、これには落とし穴があります。

例えば、1年間に50万円しか購入せず、非課税枠が70万円残ってしまったとします。
この残りの非課税枠70万円は翌年に繰り越せると考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それはできません。
翌年の非課税枠は120万円で一定なのです。

「1年につき上限120万円」×「5年間」というように年間の利用上限金額とNISA口座を路用できる年数を分けて覚えておく方がいいでしょう。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!