投資信託のREITの種類とREITへのおすすめ投資方法

REITとは

J-REITと海外REIT型とは

REITはその特徴からいくつかの種類分けができます。
REITは一部を除き、基本的には証券取引所に上場し、株やETFのように時価で取引されています。
このようなREITを一般的に上場不動産投資信託と言います。
上場不動産投資信託は大きく2種類に分けることができます。
それはJ-REITと海外REITです。

J-REITとは

J-REITは日本語にすると、日本版不動産投資信託となります。
その名の通り、国内不動産に投資するタイプです。
J-REITが誕生したのは2001年です。
つまり、まだ誕生して浅く、発展途上の分野なのです。
現在はオリンピック需要などもあり、J-REITは注目の商品となっています。

海外REIT型とは

海外の不動産に投資する海外REIT型投資信託もあります。
ここ、数年、毎月分配型の中では、高水準の分配金をキープしている海外REIT型の人気が続いています。
というのも海外REIT型はリーマンショック後も、比較的高い運用成果を上げてきたからです。
少しでも利回りが高く安定的な運用をしたいという個人投資家のニーズに応え、投資信託の純資産残高ランキングで多くの海外REIT型がランクインしています。

海外REIT型の注意点

しかしながら、海外REIT型の中には分配金が過払いになっているケースがあることを知っておく必要があります。
過払いとは実質利回りを上回る分配利回りを出している状態のことです。
高分配利回りが魅力的な海外REIT型であるが、実際には過払いとなっている投資信託が非常に多いのです。
過払いとなった投資信託は分配金を出す為に元本を取り崩すことになります。
結果、基準価額が低下してしまうのです。
今のままでの運用では数年後に基準価額はゼロになってしまう可能性がある投資信託もあります。
海外REIT型を購入する際は、過払いになっていないかよく確認する必要があります。

REITへのおすすめ投資方法

REITは、実物不動産に比べれば、投資金額が少なくて済みます。
個別銘柄の場合であれば10万円程度から投資をすることができます。
しかし、一般的な投資信託と比べると割高であるのは否めません。
「高くて購入するのが怖い」というかたもいるでしょう。
そのような方に検討して欲しいのが、「ファンド・オブ・ファンズ」という一般の投資信託とETF(上場投資信託)です。

ファンド・オブ・ファンズとは

ファンド・オブ・ファンズとは、複数の投資信託に投資する投資信託のことです。
ファンド・オブ・ファンズの中にはREITを投資対象としたものがあります。
REITを投資対象とした投資信託を購入すれば、自動的に不動産投資を行なっていることになるのです。
このファンド・オブ・ファンズの中には海外REITを組み込んでいるものもあります。
必要な最低運用金額は1万円程度と、通常の投資信託と変わらない金額で売買できます。
証券会社で積立投資を検討する際は500円から購入できるところもあります。
ファンド・オブ・ファンズは、少額から不動産投資を行いたいと考えている方にオススメの商品です。

ETFとは

ETFとはについては、以前書いたこちらのページから確認してください。
ETFとは

ETFという商品にも注目です。
ETFとは証券取引所に上場している投資信託のことです。
証券取引所に上場している為、取引時間内はリアルタイムで取引が可能です。
ETFは基本的にさまざまな指数に連動するように運用を行なっているものが多い為に、情報が入手しやすく分かりやすいのが利点です。
もちろんETFの中にはREITを対象とした商品もあり、いずれも「東証REIT指数」に連動しています。ETFは個別銘柄のREITと同様にリアルタイムでの取引が可能です。
東証REIT指数に連動するETFを購入する際は、分配金の支払い回数や信託報酬に注目するのがいいでしょう。
というのもETFは指数に連動するように運用される商品ですので、商品性にはあまり違いはありません。

ファンド・オブ・ファンズやETFを利用することにより、個別銘柄でREITを購入するより、安く不動産に投資することができるのです。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!