積立投資とドルコスト平均法の関係性

積立投資とドルコスト平均法の関係性

積立投資とドルコスト平均法の関係性のまとめ

ドルコスト平均法で「金額指定」の積立投資がベスト!

積立投資には2種類の方法があります。
1つは「口数指定」の積立投資。
もう1つは「金額指定」の積立投資です。
この2つの積立投資の方法はあまり違いがないように感じるかもしれませんが違いはあるのです。

「口数指定」の積立投資とは

「口数指定」の積立投資とは、例えば「ある投資信託を毎月10口買う」といった注文を出し、それを毎月や毎年継続していく投資方法です。
この場合、1回の購入代金の総額は「1口あたりの基準価格×口数」(手数料別)となります。
メリットとしては保有口数が一定になるので、分配金や値上がり益の計算が楽になります。

「金額指定」の積立投資とは

「金額指定」の積立投資とは、例えば「ある投資信託を毎月10万分買う」といった注文を出し、それを毎月や毎年継続していく投資方法です。
この場合の、一回あたりの購入できる口数は「指定した金額÷1口あたりの基準価格」(手数料別)となります。
メリットとしては、現在の投資額を把握しやすいという点があります。
他の資産との投資比率などが比較的計算しやすくなるのです。

さて積立投資を行う上では「口数指定」と「金額指定」のどちらの方が有利なのでしょうか?

【重要】ドルコスト平均法とは

投資方法の1つにドルコスト平均法というものがあります。
ドルコスト平均法とは、値動きのある商品に投資する際に均等額を定期的に継続して購入していく投資方法です。
均等額を定期的に購入することにより、価格が上がったら買う口を減らし、価格が下がったら買い増しをするという投資戦略を自動的に実行することができるのです。
高値のときにたくさん買ってしまったり、安値のときに買い損ねてしまうというリスクを避けることができます。

また、ドルコスト平均法は、細やかな相場判断をせずに機械的に購入する手法です。
その為に、購入タイミングに迷う必要もありません。

購入タイミングを見極めることが投資家にとって最も難しいことなのです。
タイミングを逃したり、見誤ってしまった時にショックは計りしてないものです。
「できるだけストレス少なく投資をしたい」というのが、多くの投資家の本音でしょう。
ドルコスト平均法を利用することで、このような投資家特有の悩みから解放されるのです。

ドルコスト平均法のデメリットが気になる方もいらっしゃるでしょう。
ドルコスト平均法のデメリットとしては、まず値上がりが見込めない投資信託を買っても意味がないということでしょう。
ドルコスト平均法は均等額を定期的に継続して購入していく投資方法なので、購入商品の将来的な値上がりが見込めない場合は投資しても損をするだけになります。

また、高値掴みをすることはありませんが、低値で買うこともできないということです。
前述通り、ドルコスト平均法は均等額を定期的に継続して購入することにより、投資タイミングによるリスクを低下させる投資方法です。
つまり、常に定額を購入し続ける必要があります。
言い換えれば、低値のとき大量に購入することができなのです。
投資は低値のとき大量に購入し、高値で売ることで大きな利益を出すことができます。
ドルコスト平均法を利用するぶんにはこういった大きなリターンを狙うことは出来にくくなります。

デメリットこそありますが、投資で一番リスクが高い「購入タイミングによるリスク」を分散させる低下させることができます。
その為ドルコスト平均法はかなり有益な投資方法だといえます。

ドルコスト平均法と積立投資の関係性

このドルコスト平均法ですが、この方法は積立投資の「口数指定」か「金額指定」のどちらかに似ていませんか?
そうです、お気付きの方も多いように、「金額指定」の積立投資の方法とほぼ同じなのです。
つまり、ドルコスト平均法のメリットを最大限享受できる投資方法が「金額指定」の積立投資なのです。

決して断定はできませんが、「口数指定」と「金額指定」の積立投資を行う上で、「金額指定」の積立投資の方がドルコスト平均法のメリットを享受できるのでオーソドックスな投資方法であるといえます。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!