よく耳にする積立投資とは?積立投資を行う際に気をつけるべきこと

積立投資とは?積立投資を行う際に気をつけるべきこと

投資信託を購入する際のポイント5点

①運用実績があるかどうか
②販売手数料が安いかどうか
③決算回数が少ないかどうか
④どんな人が運用するのかどうか
⑤同じカテゴリーの商品と比べて実績があるかどうか

運用実績があるかどうか

現在、日本で買える投資信託は4500本以上もあります。
実はこのうちの約半分が5年以内に新しく設定された投資信託なのです。
また、投資信託のデータには、過去3ヶ月、6ヶ月、1年とその期間の運用実績(トータルリターン)が公開されています。
運用成績が上昇しているか、もしくは下落しているかをチェックするわけですが、大事なのはある期間内の運用実績の「上下変動」そのものではなく「推移」です。
安定して、しっかりとした運用実績を残しているのかどうかをチェックする必要があります。
安定して運用実績を出しているかどうかをチェックするためにはある程度の運用期間が必要なことは言うまでもありません。
基本的には3年以上の運用実績があれば、ある程度の推移を知ることができるでしょう。

販売手数料が安いかどうか

投資信託は購入時に「販売手数料」がかかります。
販売手数料は、投資信託の販売会社に

積立投資とは?のまとめ

積立投資を行う際には気をつけるべき点はありますが、リスクを少なくして、着実に資産を増やすことのできる投資方法です。
中長期でリスクを抑えながら、着実に資産を増やしていきたい方は積立投資を検討してみてはいかがでしょうか?
何より口座引き落としにしておけば手間も掛からないですし楽ですよ。

投資のタイミングを見極めるのは難しい

投資信託を購入するにあたって「いつ買えばいいのか?」と悩む方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?
投資の基本は安いときに買って高いときに売ることです。
「投資はタイミングを見計らって売買すべき」と考えている方も多くいらっしゃるでしょう、しかしながらそのタイミングを見極めるのは投資上級者やプロのファンドマネージャーでも至難の技なのです。

また、「あのとき買っておけばよかった」と投資経験がある方は思ったことが一度はあるのではないでしょうか?
将来的に価格が上がるかどうかは事前になかなか分からないものです。
投資経験の浅い人が投資のタイミングにこだわり過ぎた結果失敗するケースは意外と多いのです。

積立投資とは?

このような購入タイミングによるリスクを小さくしたいなら「時間を分散させる」ことが重要になります。
時間を分散させておけば、ある時期にリーマンショックなどの金融危機が突如襲ってきたとしても、ダメージをある程度抑えることができます。
時間を分散させるためには、一度に大量購入してはいけません。
何回かに分けて購入したり、定期的に購入するのが良いでしょう。
このような時間を分散させる投資によってリスクを軽減させる方法を「積立投資」と言います。
積立投資により相場の上げ下げを気にすることなく、平均の価格で投資信託を買うことができるのです。

積立投資は初心者や仕事に集中したいにオススメ

この積立投資は特にこれから資産を形成していこうという初心者の方や忙しい方にオススメな投資方法です。私は基本的には積立しかやらないつもりです。詳しくは自己紹介ページの「初めての投資生活」を運営している人の紹介に書いてあるのですが、理由はシンプルに本業の仕事に集中したいからと株価の変動に一喜一憂したくないからです。
積立投資を行ったシミュレーションに、リーマンショックの直前の株価が一番高かった時期から投資を開始して、その後大きな下落はあったものの、順調に利益を出すことができたという結果もあります。

まずは積立投資からはじめてみて、購入タイミングを見極める力が養われたら、リスクは高くなりますが、より大きな利益を見込める一括購入にも手を出してみたらいいのではないでしょうか。

積立投資の注意すべきポイント

ただ、積立投資を行う際には気をつけなければならないことがあります。

継続は力なり!積立続ける気概が必要です

相場・景気や投資・生産などの動向・活動が上昇を続けた後、その勢いが停滞したり、下向に転じた状態。また、慢性的に低迷した状態にあることを「調整局面」と言います。
積立投資をする際には、この調整局面でも臆せずに定額を積み立てる気概が必要になります。実はこの調整局面があるからこそ積立投資はリターンを生むのです。
「どんどん下がりそうだから今のタイミングは危険!今回の購入はやめとこう」と思い積立投資をやめると意味がありません。
タイミングを見計らうことは難しいことであると冒頭で述べました。
実は今が最安値で次の月には急上昇する可能性もあります。
臆せずに積み立て続けることが積立投資で資産形成する秘訣なのです。

投資信託選びにも気をつけて!

投資信託選びにも気をつけなくてはいません。
積立投資をするから投資信託はなんでもいいというわけではありません。
積立投資で投資信託を選ぶ際は、その投資信託の価格が長期的に右肩上がりになるかどうかということを考えなくてはいけません。
投資信託は中長期の運用向けであり、時間をかけて着実に資産を増やしていこうという目的の金融商品です。
せっかく長期で積立投資をし続けても、最終的に引き出す時点の価格が積み立ての平均価格を下回っていれば、損をしてしまいます。
そのために積立投資で投資信託を選ぶ際は、その投資信託の価格が長期的に右肩上がりになるかどうかということを見極めて選ぶ必要があるのです。
もちろん、短期的に注目され価格が上昇するテーマ型の株式投資などは積み立てに向いていないことがわかります。

何を買うか悩んでいる人はセゾン投信の中野さんや楽天証券の山崎さんの本の中に具体的な商品の紹介がされているので読んでみてはいかがでしょうか?
詳しくは「勉強編」私はこの本を読んで投資信託と個人型確定拠出年金iDecoを始めましたで紹介してます。

このページが読み終わった方は確認しておこう!積立投資のメリットとデメリットを見てみて下さい。

支払われます。
運用会社からすれば、顧客が支払う「購入額」から「販売手数料」が引かれた状態で運用を開始することになります。
そのため販売手数料が安い方が、運用会社にとっての負担が減り運用しやすくなるのです。
特にインデックス型の投資信託を購入する際はノーロード投資信託という販売手数料がゼロの投資信託を探してみるといいでしょう。

決算回数が少ないかどうか

投資信託の決算は「投資信託が保有する資産や負債を計算して、財産に内容や財務の状況を明らかにする」という意味を持ちます。
決算の結果、収益が出ていれば、収益の一部が分配金として投資家に配られます。
分配金は、投資家が受け取れるものと、投資先に再び投資される種類があります。
分配金を払い出してしまうと税金が徴収されるため、積立投資を含む長期投資を前提に考えると、複利効果が狙えるため、分配金は再投資して運用成績の向上に回すべきです。
決算自体も、コストがかかるので回数は少ない方がいいのです。

どんな人が運用するのかどうか

投資信託選びでは、どのような人たちが自分たちの資産を運用してくれるのか知る必要があります。
運用する人はファンドマネージャーと言います。
彼らはプロなのですが、ファンドマネージャーによって運用方針や成績が大きく変わってくるのです。
野球の打者と一緒です。プロといっても全員が常に成績が良いわけではありません。
投資信託の運用体制は大きく分けて2種類あります。
ファンドマネージャー制とチーム制です。
前者は単独のファンドマネージャーが運用を行う仕組み。
後者は複数人のファンドマネージャーで運用を行う仕組みです。
投資信託の購入検討には、ファンドマネージャーがこれまでどんな経歴で、どんな考えを持っているのかなどできるだけ詳しく知っておいた方が良いのです。
独立系ファンドの社長、ファンドマネージャーの中には本を出している場合もあるのでどんな考え方をしているのか読んでみるとわかりやすいと思います。
例えば

セゾン投信の代表取締役社長の中野晴啓さん

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

ひふみ投信のファンドマネージャーの藤野英人さん

投資家が「お金」よりも大切にしていること (星海社新書)

「勉強編」私はこの本を読んで投資信託と個人型確定拠出年金iDecoを始めましたでも紹介していますので見てみて下さい。

また、目論見書や運用報告書などで知ることができます。
運用方針や運用プロセスは特に注意深く確認しておきましょう。

同じカテゴリーの商品と比べて実績があるかどうか

投資信託のカテゴリーは「国内株式」や「海外株式」など数多くの種類が存在します。
カテゴリーごとにチェックするデータは、税金や手数料などのすべてのコストを考慮した、その商品の本当の収益がわかる「トータルリターン」、商品のリスクの大きさを表す「標準偏差」、「シャープレシオ」等です。
これらは、短期と長期に分け、それぞれの期間ごとに細かく分析しましょう。
また、その投資信託がカテゴリーの平均値と比較して、「上昇局面でその流れについいくことができていたか」などの確認も必要です。
このように様々な分析指標を使い、カテゴリー内で優秀な投資信託を探すことが必要です。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!