Tポイント投資のSBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判は最悪って本当?

Tポイント投資のSBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判は最悪って本当?

「Tポイントで投資出来る」と話題になったSBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、2019年4月からサービスが始まった新しい証券会社です。
スマホで簡単に株取引出来たり、少額からロボアドバイザーができるだけでなく、日本初となる「Tポイント投資」が最大の魅力です。
Tポイントユーザーには待ちこがれたSBIネオモバイル証券ですが、評判や口コミが気になっている方も多いかと思います。

評判や口コミだけではなく、どんなサービスなのか、手数料はどうなっているのか、使いやすいのか知りたいことは色々と出てきますよね。

今回は、SBIネオモバイル証券の評判・口コミから、特徴・メリット・デメリットだけではなく最強の攻略法も合わせてわかりやすく解説していきます。

SBIネオモバイル証券メリット
【Tポイントユーザー歓喜】Tポイントで株が買える
【ワンコイン投資】500円から株式投資や人気のロボアド投資が1万円からできる
【Tポイント還元で実質ほぼ無料】月額費用は掛かるが株取引の手数料は無料
【毎月Tポイントがもらえて月額利用料が実質ほぼ無料】毎月Tポイントが200ポイントもらえる
【3ステップで株購入】使いやすくスマホで3回タップすれば株取引が簡単にできる
SBIネオモバイル証券デメリット
・取引していなくても月額費用が掛かる(Tポイントが毎月200ポイント付与されるので実質ほぼ無料/サービスを「一時停止中」の場合、解除されるまで月額料金は発生しません。)
・NISA・iDeCoに対応していない
・投資信託、債券などには投資ができない
・支払いはクレジットカードのみ

SBIネオモバイル証券株取引をもっとお手軽に。
結論、Tポイント投資する方や少額投資する方なら使わない手はない必須の証券会社と言えるのでまだ口座開設していない方はお早めに。
口座開設には本人確認書類が必要です。

目次

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)とは?

SBIネオモバイル証券の基本情報

運営会社 株式会社SBIネオモバイル証券
株主 SBI証券、CCCマーケティング
サービス開始日 2019年4月10日
取扱商品 国内株式〔単元株、S株(単元未満株)〕、ロボアドバイザー「WealthNavi for ネオモバ」
取引手数料 基本無料
料金体系 月額制 200円(税込216円)~
支払い方法 クレジットカード決済


SBIネオモバイル証券とは、ネット証券口座開設数No.1のSBI証券と、「Tポイント」を展開するCCCマーケティングが共同出資して2019年4月に誕生した証券会社です。
大手企業が株主なので安心感も十分にありますね。


取扱商品にも特徴があり国内株式とロボアドバイザーのみ取扱いしています。
通常の株式投資の取引単位は100株が多く、株式投資にはまとまったお金が必要でしたが、SBIネオモバイル証券では1株単位で株が買えるので、銘柄によっては数百円から購入可能になり投資をこれから始める方にとっては始めやすい証券会社と言えます。
また、ロボアドバイザーのウェルスナビにも対応しており1万円から資産運用が出来ます。

最大の特徴はTポイントを使って株が買えますので、貯まっているTポイントを使って気軽に株式投資やロボアドバイザーにて投資を始められます。

スマホ取引に最適な金融サービスでポイントで投資出来たり、投資資金が少なくても始められるので20・30代の方や投資初心者の利用者をメインターゲットとしているので、これから投資を始めてみたい方に向いています。
もちろん、Tポイントを貯めている人にとっては待ちに待った証券会社でしょう。

SBIネオモバイル証券の評判・口コミ

Twitterでの評判・口コミをチェック

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のTwitterでの評判や口コミを見ていきましょう!

最悪というのは、毎月固定で支払いが必要なサービス料金のことを言っている

色々な意見はありますが、やはり「毎月固定で支払いが必要なサービス料金」に関しては意見が割れていますね。
月額200円(税込216円)から使えて、毎月200ポイントもらえるので実質16円で利用出来るのですが、取引機会が少ないと利用料を取られていると感じている方もいるのでしょう。
ただ、サービス利用料に関しては「一時停止手続き」が出来ます。取引をしない時期は停止しておけば損になりません。

SBIネオモバイル証券の最大の特徴は「Tポイント投資」


株式を現金がなくてもTポイントで購入出来るということと、1株から少額投資出来る点は他社とは大きく違います。
Tポイント投資と少額で株式投資が出来るところをどう考えるのか次第が評価の分かれ目となるのでしょう。

SBIネオモバイル証券 口座開設

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)のメリット

【Tポイントユーザー歓喜】Tポイントで株が買える


6,928万人いると言われているTポイントユーザーですので、日常生活でTポイントを使っている人は多いと思います。
しかし、貯まったTポイントの使っていなくて、使いみちに困っている人も多いのではないでしょうか?
SBIネオモバイル証券(ネオモバ)では、Tポイントで株を買うことが出来ます。

Tポイントが貯まっている人や投資を始めたいけど、資金が少ない人にとっては朗報的なサービスですね。

株なので、儲かったり損したりもありますが、投資元金がTポイントなら精神的なダメージも少なく、株式投資に挑戦出来るのは大きいメリットですね。

【ワンコイン投資】500円から株式投資や人気のロボアド投資が1万円からできる


株式投資は100株単位などで購入することが多く、銘柄によりますが10万円以上の資金が必要になることが多いです。
しかし、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)なら1株単位のS株(単元未満株)で買える少額で株式投資が始められます。

銘柄の中には有名企業でも500円以下のものもあるので数百円で株が購入できます。
保有する株数が一定を超えると、株主優待(桐谷さんでも有名ですね)の権利が得られる銘柄もあるので、優待狙いで投資するのも良いですね。
しかも、Tポイントを1ポイント(1円)から使えるので無駄なく投資に回せます。

また、人気の高いロボアドバイザー「ウェルスナビ」が1万円から使える。
「ロボアドバイザー」は、資産運用を自動化してお任せできるサービスです。
そのロボアドの中でも特に人気なのが「ウェルスナビ」です。通常最低10万円からの運用なのが、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)なら「WealthNavi for ネオモバ」が1万円から始められます。
少額で「ウェルスナビ」を試してみたいという方にはおすすめできます。

【Tポイント還元で実質ほぼ無料】月額費用は掛かるが株取引の手数料は無料


ここが賛否両論ですが、株取引では1約定(取引)ごとに手数料が発生します。株取引が多いと手数料が多くかかりますが、SBIネオモバイル証券(ネオモバ)なら月額制なので安心して取引できます。

月額サービス利用料(税抜価格)
約定代金合計額(月間) 月額
50万円まで 200円
300万円 1,000円
500万円 3,000円
1,000万円 5,000円
※以下、100万円ごとに1,000円が加算(上限なし)

毎月50万円以下であれば、月額200円(216円)で使い放題です。
取引手数料を気にする必要がないというのは、株取引において大きなメリットと言えますね。

SBIネオモバイル証券はあくまでも「Tポイント投資」「500円からの少額投資」が基本ですので50万円をなかなか超えることはないでしょう。
50万円以上投資するなら、SBI証券や楽天証券などで取引することが検討されますので以下の記事で紹介しています。

楽天証券でNISAやイデコ(ideco)で口座開設するメリット・デメリット

2019.02.19

SBI証券で口座開設するメリット・デメリット

2018.12.28

【毎月Tポイントがもらえて月額利用料が実質ほぼ無料】毎月Tポイントが200ポイントもらえる

サービス利用料に関わらず「期間固定Tポイント」が毎月200ポイント付与されます。
※期間固定Tポイント:SBIネオモバイル証券のみで使えるポイントのこと

月額200円(税込216円)の範囲で利用すれば、付与されるポイントで実質ほぼ無料で利用できます。

サービス利用料100円(税抜)につきTポイント1ポイントが付与されます。獲得したTポイントは投資に回せるので、効率的に株式投資を行うことができます。

【3ステップで株購入】使いやすくスマホで3回タップすれば株取引が簡単にできる

株取引と聞くと複雑そうですよね。特にこれから始める人にとっては不安が多いと思います。
SBIネオモバイル証券(ネオモバ)はスマホでシンプルに取引できるよう徹底的に作られていますので、だれでも簡単に株式投資ができます。

スマホがあればだれでも簡単に始められ、移動中やカフェにいる時だってどこでも取引したい時に出来るのは嬉しいですよね。

SBIネオモバイル証券 口座開設

SBIネオモバイル証券デメリット

投資信託、債券などには投資ができない

金融商品は国内株式とウェルスナビのみで、投資信託、債券などには投資が出来ません。
Tポイント投資とロボアド投資以外を求めるなら問題はないと思いますが
もっと色々なものに投資したい場合は使いにくいと思うこともあるでしょう。

SBIネオモバイル証券は基本的にTポイント投資または初心者向けな証券会社になりますので投資を本格的に考えるなら主要な証券会社の口座も別で持っておくのが無難でしょう。

すでにSBI証券や楽天証券など主要な証券会社に口座を開いている方にとっては、SBIネオモバイル証券はサブ的な証券会社として口座開設しておくのが良いでしょう。

NISA・iDeCoに対応していない

投資で得た利益が非課税になる「NISA」や年金制度で掛け金が全額所得控除となる「iDeCo」はSBIネオモバイル証券では非対応です。

Tポイント投資をメインに考えているなら問題ないでしょう。

取引していなくてもサービス利用料(月額料金)が掛かる

Tポイントが毎月200ポイント付与されるので実質ほぼ無料と考えられます。
また、利用していない場合、サービスを「一時停止中」の場合、解除されるまで月額料金は発生しません。

【お得に使う方法】住信SBIネット銀行なら振込手数料無料

銀行からお金を移動するときに、振込手数料が発生します。
数百円ですが、塵も積もれば山となる。節約出来るならしたいところですよね。

SBIネオモバイル証券の口座開設後「銀行振込入金」か「即時入金」で総合取引口座へ入金を行います。

住信SBIネット銀行の場合、振込手数料無料ですぐに取引を開始することができます。

通常14時以降の振込は翌営業日にならないと取引できない場合もあり、すぐには取引が出来ないこともありますが、住信SBIネット銀行で即時入金すれば、SBIネオモバイル証券の取引口座へ即時反映されます。

Tポイントを賢く貯めて、投資に回す効率的な方法

Tポイントで投資するなら口座開設が賢い選択

まず、月額200円(税込216円)の場合、実質16円でサービスを利用出来ます。この実費をどう捉えるかは利用者次第ですが、Tポイントを毎月16ポイント以上貯めているならSBIネオモバイル証券を使ってTポイント投資を始めた方が良いでしょう

Tポイントを賢く貯めて、貯まったTポイントを効率的に投資に回す方法

Tポイントを主軸にポイント投資を考えているなら賢くTポイントを貯めて、貯まったTポイントを投資に回したいですよね。

そこで日常生活もTポイントが貯まるガストやバーミヤン、吉野家などでポイントを貯まるようした方が良いですが、普段使いのクレジットカードもTポイントが貯まる最強の「YAHOOカード」にした方がより効率的にTポイントが貯まります。

人気のTポイントが100円につき1ポイント貯まる高還元率カード。それなのに、なんと年会費永年無料!
Tカード一体型だからこの1枚でTポイントが貯まりやすい!使いやすい!さらにYahoo!ショッピングやLOHACOでのお買い物はいつでもTポイント3倍!
Tポイント投資を考えているなら、クレジットカードもYAHOOカードして徹底的にTカードが貯まるようにした方が良いでしょう。

Tポイント投資の最強攻略法

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)×YAHOOカード×住信SBIネット銀行

Tポイント投資を考えているなら、まずは「SBIネオモバイル証券(ネオモバ)」で口座開設を行いTポイント投資を出来るようにして、Tポイントが効率的に貯まるよう普段使いのクレジットカードを「YAHOO!カード」に変更、銀行も振込手数料が掛からない「住信SBIネット銀行」にすることが最も効率的に投資を行えるでしょう。

Tポイント投資するならSBIネオモバイル証券(ネオモバ)で口座開設して間違いないでしょう。

口座開設方法


口座開設は簡単3ステップで完了します。
手元に本人確認書類を必ず用意しましょう!

SBIネオモバイル証券 口座開設

楽天ポイントが貯まっていたら楽天証券の一択です。

楽天証券でNISAやイデコ(ideco)で口座開設するメリット・デメリット

2019.02.19

楽天スーパーポイントで投信積立が可能!お得な投資が手軽にできる方法

2019.01.05

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!