楽天スーパーポイントで投信積立が可能!お得な投資が手軽にできる方法

楽天スーパーポイントで投信積立が可能!お得な投資が手軽にできる方法

2018年9月末から楽天スーパーポイントで投資ができる!と新サービスに注目が集まりました。楽天グループのサービス利用で貯まるポイントで投資信託の積立注文ができるようになったことを指しています。すでに、投資信託の通常注文はできていたのですが、積立注文に対応可能となったため、インデックス投資家を中心に幅広く利用されています。今回はお得なポイント投資のやり方をまとめてみました。

まだ楽天証券で口座開設していない方はまずは口座開設(無料)から始めてみましょう!
キャンペーンを利用しておトクに口座開設しちゃいましょう
楽天証券

楽天スーパーポイントはいろんな使い方が可能

楽天スーパーポイント投資の良いところは、ズバリポイントをいろんな使い方ができるという点にあります。

楽天証券で投資信託を自動積立する場合、柔軟にポイントを使うことができる

投資信託を自動で積み立てる場合、全部ポイントで補ったり、ポイントが少なくても部分的に使うことができるんです。

まず、楽天のポイントで投信を購入したいときは、投信を買うために自動積立の設定を行う必要があります。面倒に思うかもしれませんが、一度設定をしてしまえば、その後は自動的決まったタイミングで投資ができます。設定さえできてしまえば、面倒な手続きを踏まずに投信を購入することが可能です。

しかも、楽天証券の自動積立の設定はとても簡単です。購入したい投資信託を選び、どのような買付をするかを選びます。積立注文を選択した後、積立方法を選ぶのですが、毎日積み立てるか、毎月積み立てるか等積み立てる頻度を選択することも可能です。

例えば、5000円を毎月積み立てるとしましょう。この時楽天スーパーポイントが5000ポイントなくてもポイント投資は可能です。さすがに50万円も一ヶ月で買い物をしてポイントを保持するのは難しいもの。それゆえ、自分の持っているポイントが500ポイントなら、500ポイント分を買付に使用し、残りは証券口座からの資金で補填されるような投資が一般的です。

楽天スーパーポイント投資でお得がいっぱい

最初は微々たる額かもしれませんが、ポイント投資の恩恵は少なくありません。
ポイントで投資をするからこそ、お得になる部分もあります。投資信託の買付&楽天スーパーポイントコースを選択することで特定のポイントプログラムの対象となり、ポイントの付与率がアップしたりします。投資信託の購入に対して、一定以上のポイント利用が必要ですが、楽天のサービスをよく利用する人にはおすすめです。

現在、投資信託の買付の条件としては、楽天スーパーポイント500ポイント以上となっています。ポイントアップセールなどを活用して貯めている方も多いようです。

楽天Edyを使って確実に楽天スーパーポイントGETしよう

ポイントを貯める方法として、楽天Edyなどで支払うのもおすすめの方法です。楽天Edyはコンビニなどで支払い可能です。
また、ミスタードーナツやマクドナルドなどのファーストフード店での商品購入でもポイントが貯まるのが魅力的です。

NISAやつみたてNISAでも楽天スーパーポイントを使うことができる

嬉しいことに、NISAやつみたてNISAなどの節税のための制度にも対応しています。
毎月決まった金額を定期的に投資できるうえ、ポイントを現金同様に利用できて長期投資に向けて資産運用を開始できます。
100円からでも投信が買えるようになった今、ポイントが貯まったら、そのまま投資に回してしまう完全ポイント投資も可能です。

つみたてNISAの購入が楽天カードで決済出来ます!

2018年からつみたてNISAで楽天カードで購入できるようになりました。
現時点では最強ではないかと思います!
詳しくはこちらの記事でも書いてます。

【楽天証券×NISA×楽天カード=最強】楽天カードで投資信託の積立!1%ポイント高還元で再投資可能!NISAでもOK!

2018.10.29

楽天銀行と楽天証券の連携でさらにおトク

さらに、楽天証券で入出金するために楽天銀行と連携するとさらにお得です。証券会社と銀行の連携(=マネーブリッジ)サービスを利用することで、投信の保有残高によってポイントがつくのも大きな魅力といえるでしょう。

投信の購入や保有に対してポイントがつき、投資金額が多ければ多いほど投信に回せるポイントが増えるのは楽天証券のみです。楽天銀行の振込手数料には楽天スーパーポイントが使えるといった裏技もあります。つまり、楽天証券で投資をすればするほど、ポイントが貯まる利点があります。

ただし楽天スーパーポイントはうまく利用することが必要

あらゆる楽天グループのサービスでポイントをゲットできますが注意も必要です。
特にポイントには種類があることがあまり知られていません。投信の積立注文に使えるポイントは、通常の楽天スーパーポイントだけです。つまり期間限定ポイントは利用不可なのは大きなデメリットです。期間限定ポイントは他のサービスで利用するなど工夫が必要です。

しかも、楽天スーパーポイントを利用するとき、投信の買付にはポイントの利用上限があるなど条件の確認が必要だったりします。

何より気をつけたいのが、楽天スーパーポイントを貯めるために過度に楽天のサービスを利用してしまうこと。セール時に余計なものを買ってしまうなど無駄遣いにつながるかもしれません。

楽天トラベルなどで旅行予約&成立だけでなく、レンタカーを借りるときにもポイントがつきます。とはいえ、ポイント欲しさにあれこれ楽天のサービスを利用すると他のお得なサービスが利用できなかったり生活が縛られることにも。あくまでもポイントは投信買付の一つの手段と心にとめておきたいものです。ポイントがないときでも積立注文は可能ですし、ペナルティーはつかないので好きなときにポイントは投信の購入に使いたいものですね。

楽天スーパーポイントで気軽に世界分散投資ができる!

楽天スーパーポイントは通常ポイントしか利用できないとはいえ、投信であれば複数の金融商品の中から好きなものに投資することが可能です。投信は100円から買えるので、好みの投資信託にお金を投じることができ、地域的にも時間的にも分散投資がしやすいのも魅力です。

現金が必要なときには、投信を売却すればポイントで買った部分もすぐに換金できます。まさにポイントが現金代わりになりますね。

ポイントが使えるとなると、少額からでも投資をしてみようと資産運用の敷居も下がります。ポイントは実は楽天カードでの支払いなどでも貯まるため、ポイントを効率よく貯める方法が身につけば、投資の選択肢も広がることでしょう。

とにかく楽天経済圏にどっぷり浸かろう!楽天証券+楽天銀行+楽天カード+楽天Edy

楽天証券を使うなら楽天スーパーポイントを使わないともったいないです!
楽天グループの楽天銀行と楽天カードや楽天Edyを使って賢くポイントを貯めて無駄なく投資に回しましょう。

楽天ポイントを貯める最強のクレジットカードとは?
楽天ポイントが貯まる最強カードはもちろん楽天カードですよね!

普段使いでも還元率は1%もらえます!
楽天カードで楽天市場での利用で+1倍のポイント、楽天証券の利用でさらに+1倍が還元されます。
もちろん年会費無料!
楽天証券を使うなら楽天カードを利用しましょう!
貯まった楽天スーパーポイントを使って賢く投資できます!

まとめ

投資信託の買付や保有に対してポイントがつくサービスは他のネット証券でも展開されています。しかし、買い物や旅行といった無形のサービスを利用してポイントがもらえ、それをそのまま投資に回すことができるのは楽天証券だけです。

投資に回せるポイントは、楽天証券のマイページ上ですぐに確認することができます。チリも積もれば山となるので、ポイントを投資に回し続ければいつかまとまった金額になるかもしれません。ただし、資産運用はリスクとリターンがつきものです。必ずしも、大きく稼げるわけではありません。

それでもお得度が高い楽天スーパーポイント投資。資産運用の一環として試してみてはいかがでしょうか。

楽天証券なら楽天スーパーポイントも利用可能!今すぐ口座を開設して始めよう!

楽天証券の最新キャンペーンはこちらから
楽天証券

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!