毎月5,000円の積立投資の始め方とオススメつみたてNISA銘柄

毎月5,000円の積立投資の始め方とオススメつみたてNISA銘柄

銀行に預けていても金利が低い状況が続くことが予想されたり、年金も受給年齢も上がり本当にもらえるのかわからなくなっており、少額から始められる資産運用を探している人も多いのではないでしょう
か。

今後の人生における資産形成をするためには、資産は自分で増やしていくしかありません。
ただ、資産運用をこれから始める人にとっては資産を一気につぎ込んで始めるのは心配ですよね。

そこで今回は投資信託で毎月5,000円をコツコツと積立投資を行った時に20年後30年後にどのくらい増えるかを紹介します。

投資信託で積立するメリットは
「つみたてNISAなど節税制度がある」
「手間がかからない(ほったらかしでOK)」
「分散投資でリスクを分散」

出来るところです。

最後につみたてNISAでオススメの銘柄やネット証券会社もご紹介。
管理人がコツコツ積立をしている銘柄も公開します。

積立投資で資産運用を行う場合、早く取り組むほど複利効果が高くなり資産が大きくなっていきます。
まだ、証券会社の口座開設をしていない方は口座開設から始めましょう。

積立型投資はドルコスト平均法でリスク分散した投資方法と言われていますが
あくまで投資になりますのでマイナスになることもあるので自己責任で行いましょう。

まだ口座開設をしていない方はこちらの記事をお読みください。
楽天証券ならつみたてNISAをしながら積立額の1%の楽天ポイントがもらえるのでオススメです。

楽天証券

毎月5,000円を積立した場合、どのくらい増えるのか

毎月の飲み会やコンビニで買うコーヒーをがまんしてコツコツ積立投資をしたらどうなるのか計算したことはありますか?

毎月5000円と考えるとそこまで大きな資産にはならないのではないか?と思っている人も多いのではないでしょうか。
実は5000円を20年間、30年間と積立投資をするだけで銀行に預けるより大きな資産になります。

毎月5,000円を30年間積立を行った場合、元金は180万円になります。
早速、シミュレーション結果を見てみましょう。

毎月5,000円を30年間積立をしたシミュレーション

毎月5000円積立した場合のシミュレーション
※出典:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

青色は銀行に預けた場合のシミュレーションです。
180万円以下が省かれてしまってますが、1万円も増えていないですね。

黄色は年率3%だった場合ですが、291万円になってます。
この時点で111万円の差になってます。

赤色が年率5%で運用が出来た場合ですが、416万円になりました。
銀行預金と比べると263万円の差です。
この差は大きいですよ!

積立年数と金額の推移をみると積立開始から10年後ぐらいから徐々に差が開き始めてくるのが確認出来ると思いますが
ここの開きこそ、複利効果になります。

複利効果とは、かんたんに言うと毎年積立を行った際に発生した利益をそのまま追加投資することです。
利益が発生した分だけ投資元金が増えていくのでリターン(年率)が高ければ高いほど差が開いていきます。

投資信託の銘柄を選んだら「受取型」ではなく「再投資型」をしっかり選びましょう。

目安としては30年間毎年3%の年率で運用を目指すぐらいが良いと思います。
毎月5,000円の費用捻出は飲み代やスマホ代などを見直せば見えてくる金額ですよね。

これから積立投資を始める人にオススメのやり方

結論としては、手数料が安いネット証券会社でつみたてNISAを利用して積立投資をすることです!

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。
引用:金融庁 つみたてNISAとは

つみたてNISAなら運用益を非課税に出来るので少額での長期資産運用するなら絶対オススメしたい制度です。

「新規投資額で毎年40万円が上限で非課税投資枠は20年間で最大800万円」と決まっていますので
毎月33,333円までは、つみたてNISAを利用して資産運用をしていきましょう。

なぜネット証券?

そして、なぜネット証券で口座開設をした方が良いかというと各種手数料が銀行や窓口がある証券会社と比べて安いからです。
手数料は0.1%以下の世界の話ですが、上記シミュレーションで見た通り数%でも20年30年と積立投資を行っていくと大きな金額になってしまいます。

無駄に掛かる手数料は極力減らすためには以下でも楽天証券SBI証券のネット証券で口座開設をすることをオススメします。

iDeco(イデコ)・つみたてNISA(ニーサ)にオススメ証券会社(2019年度決定版)

2018.02.08

おすすめのつみたてNISA銘柄

楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天VTI)

投信ブロガーが選ぶ!「Fund of the Year 2018」で4位、「Fund of the Year 2017」で3位になった商品でご存知の方も多いないでしょうか。

楽天VTIとは
米国株式市場の動きをとらえることを目指して、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目標として運用を行います。(引用:楽天証券)
米国株式市場のみを対象としたインデックス・ファンドで「米国株式市場全体」に対して投資出来ます。
米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%カバーしておりアメリカ版の日経平均株価とも言える商品です。

米国株式市場全体に投資しており、手数料が安いのが魅力的!

買付手数料(税込):0円
信託報酬 (税込)/年:年率0.1696%程度
解約手数料(税込):0円

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

アメリカの株式市場の「大型株」に対して投資が出来る商品で
投信ブロガーが選ぶ!「Fund of the Year 2018」で8位にランクインしています。

S&P500とは
ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQに上場銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出される、時価総額加重平均型株価指数。
S&P500株価指数に連動する低コストのインデックスファンド。
日本で言うとTOPIX(トピックス)が近いかなと。

伝説の投資家ウォーレン・バフェット氏が投資のプロではない妻にすすめたのがS&P500指数です。

2013年の「バフェットからの手紙」に自分の妻への遺言として書かれていた文章
“現金の10%を政府短期債で、残り90%はS&P500のインデックスファンドで運用するよう指示しました(超低コスト投信で知られるバンガード社の投信を勧めます)。”

業界最低水準の信託報酬を目指すeMAXIS Slimシリーズから「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」が
ベンチマークをS&P500(配当込み)として信託報酬0.160%と低コストで2018年7月3日に設定されました。

S&P500連動のインデックスファンド信託報酬比較

ファンド名 信託報酬(税抜)
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.160%
iFree S&P500インデックス 0.225%
iシェアーズ 米国株式インデックス・ファンド 0.375%

インデックスファンドは値動きも同じなので一番信託報酬が安いeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が一番オススメとなってます。

この2つのインデックスファンドの違い

楽天VTI=米国市場全域
eMAXIS Slim S&P500=米国大型株

この2商品であればどちらを買っても大差はないので、再投資型で口座自動引落の積立設定してしまえば、その後はほったらかしで大丈夫です。
2商品とも手数料が安いネット証券の楽天証券、SBI証券でもつみたてNISAで購入することが出来ます。

アメリカ株式だけってリスクじゃないの?

楽天VTI、eMAXIS Slim S&P500もアメリカ株式インデックス商品になります。
1つの国の株式のみで大丈夫なの?と思われる方もいると思いますが
まずは、なぜアメリカ株式なのか3つの理由があります。

インデックスとは
市場の動きを示す指数(インデックス)と連動することを目標として運用を行う投資信託のことです。
※日本で言うと日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)です。

理由1.1ドルは、200年で59万7485倍上昇


出所:『株式投資第4版』(ジェレミー・シーゲル/日経BP出版)

1801年(200年前)に1ドルを株式、債券、金、現金に投資した場合、200年後にいくらになっているを表したグラフです。
一番上の株式は1ドルが60万ドルになり60万倍になっており株式がダントツで上がってます。
200年で59万7485倍と驚愕の数字となってますが
このデータが根拠となりアメリカ市場平均株価に投資した場合、インフレ調整後で年率6.5%前後の期待出来ると言われています。

理由2.アメリカ人口増加


出典元:世界経済のネタ帳
日本の人口は世界でも珍しく減少傾向にあり労働人口も減っていますが
アメリカはまだまだ人口増加傾向にあり新しい労働力を海外から大量に調達もしています。
アメリカには世界的に有名な大学があり優秀な人材が集まり安くイノベーション文化があり新しい技術やサービスはアメリカ発が多いです。(amazon、google、facebookも全てアメリカ企業です)
また、世界的にも大きな影響力を持っているので20年30年先までアメリカが世界最大の国であると思っています。

理由3.GDPが安定して成長している


出典元:世界経済のネタ帳

GDP(国内総生産)とは
国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額。

アメリカの実質GDPも鈍化傾向にあるものものまだまだ増加傾向にあります。
日本もバブル崩壊後の1992年頃から大きくが下がってはいないませんが他国と比べると伸びていないと思っております。



先進国は過去30年強で実質GDPが約2倍程度になっているのに対して、中国はとんでもないことになってますしオーストラリアは3倍となっていますが
安定した成長を考えるとアメリカに投資するのが良いと考えています。

資産運用を成功させるコツ

成功のコツ:何が起きても積立を辞めないこと

資産運用を成功させるコツは「何が起きても積立を辞めないこと」です。
株価が下がって来ると評価額が下がり心配になって積立を辞めてしまう人が失敗するの典型です。

リーマンショックのような大きな株価暴落があっても数年の間に株価は戻ってきます。

毎月定期的に買うことでドルコスト平均法が効いてきますので
投資の基本でもある安い時に買って高い時に売ると考えれば
評価額は下がっていますが、その分買い時だとも考えられます。

また、忙しい時に買い忘れしてしまうことがあります。
積立を続けるためにも、自動口座引き落として機能(自動積立)を利用しましょう!

1年に1-2回程度状況を確認するぐらいで良いでしょう。
積立期間が長ければ長いほど複利効果が高まり資産も安定して増えていきます。

楽天証券ではつみたてNISAでも楽天ポイントが積立額の1%もらえるようになりました。
また、貯まったポイントで投資信託の商品を買えるようになったので更にお得に積立投資が出来るようになりました。

【楽天証券×NISA×楽天カード=最強】楽天カードで投資信託の積立!1%ポイント高還元で再投資可能!NISAでもOK!

2018.10.29

ネット証券の王者とも言えるSBI証券も今後はTポイントと連携していくと思われるので
Tポイントを日頃から貯めているならSBI証券が良いと思います。

最初は5000円から始めて余剰資金が増えたら積立金額を上げて行き徐々に資産運用していきましょう!

積立投資で資産運用を行う場合、早く取り組むほど複利効果が高くなり資産が大きくなっていきます。
まだ、証券会社の口座開設をしていない方はまずは口座開設から始めましょう。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!