【楽天証券×NISA×楽天カード=最強】楽天カードで投資信託の積立!1%ポイント高還元で再投資可能!NISAでもOK!

2018年10月28日より楽天証券の投資信託で楽天カード決済が可能となりました。

クレジットカードによる投信買付はこれまでも可能でしたが
1%の楽天ポイントがもらえるのは楽天証券を使っている人にとってはかなり嬉しいニュースですよね!


しかも、楽天証券は楽天ポイントで投信を購入できるので
貯まったポイントで投資も出来てしまいます。

1%と高い還元率となっていますが、月額5万円(年間60万円)までという制限がついていますが
利回りを考えると、これをやらない選択を取るほうが難しい状況です…

楽天ポイントで計算
月(最大)5万円×1%=500ポイント
年(最大)60万円×1%=6,000ポイント

積立NISAでも使えるので年間最大40万円だと毎月33,333円=333ポイントがもらえます。
残りの16,667円を特定口座で積立設定するのもいいですね。

早速詳しく見てみましょう。

【ポイント高還元!つみたてNISAでもポイントが貯まる!】楽天カードで投資信託の積立が可能になった楽天証券!

高還元率!ポイント還元率1%

細かい手数料計算を省くと、信託報酬が10年の間0.1%OFFと同じ効果があります。

投資信託で積立を行っていく上で重要なポイントは「手数料が安い」「インデックス型ファンド」ということが挙げられます。「手数料が安い」という観点で現在、多くの低コストファンドの信託報酬は0.1%単位になっており0.01%単位でしのぎを削った商品設計がされています。

その中で0.01単位で最安値の商品購入が推奨されていたいましたので
そう考えると、1%のポイント還元の凄まじさが伝わると思います。

楽天証券を利用中でまだ楽天カードを使っていない人は勿体無いですね。
最新キャンペーンを使ってカードを発行しましょう!

楽天スーパーポイントで投信買付が可能

還元ポイントは楽天スーパーポイントになりますので
楽天で使えば困ることはないでしょう。

楽天証券ではつみたてNISA・一般NISAもポイント対象

通常の特定口座だけでなく、つみたてNISA・一般NISAでの積立も、楽天カード決済によるポイント還元が可能になっています。

楽天カード決済による投信積立の年間上限額は60万円になりますので
つみたてNISAなら満額、一般NISAでも半分はカバーできることになります。

手続き2分で完了!かんたんでした


全体の流れですが、商品を選びクレジットカード決済を選択するだけ!作業はこれだけです。


早速、つみたてNISAと特定口座で設定しました。

銘柄はつみたてNISAで「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」
特定口座で「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」で「ポイントは全て使用」で設定してました。

だれでも出来ると思います。所要時間は1-2分でした。
2分で年間6,000円分と考えるとかなり良いですね!
コツコツ積立していくなら10年で60,000円、20年で120,000円となっていきます。

楽天証券×NISA×楽天カードは現時点では最強の組み合わせ

ポイント還元というアドバンテージが出来たので
NISA、つみたてNISAだけで考えるとSBI証券と比較すると楽天証券の方がメリット大きくなりました。

楽天銀行と合わせて使うと投信残高に合わせてポイントが増えるので、こちらもオススメです。

口座開設していない方はこれを機に始めやすいですね。
積立でコツコツ資産形成するなら、「つみたてNISA」はおすすめ!
非課税期間が20年と長期に分散投資ができます。
楽天証券ならポイントも利用可能!今すぐ口座を開設して始めよう!

楽天証券の最新キャンペーンはこちらから
楽天証券

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!