【これからNISA、idecoを始める人向け】窓口で買うな!NISA、idecoでネット証券がオススメな理由

【これからNISA、idecoを始める人向け】窓口で買うな!NISA、idecoでネット証券がオススメな理由

NISAやiDeCoは、銀行や信用金庫、郵便局の窓口でも購入することができます。
定期預金の申し込みに行ったら勧められたという経験がある人も多いのではないでしょうか。
銀行や信用金庫、郵便局などは、NISA、iDeCoの他、生命保険、国債といった多くの金融商品を取り扱っており、専門の担当者が対面してその商品の特徴を説明してくれます。
馴染みの担当者からこうした商品を勧められると、つい聞き入ってしまうものです。

しかしながら、そこには勧められるままに理解してはいけない部分があります。
なぜなら、商品の一般的な説明やメリットは強調するものの、肝心な他との「比較」というところに話が到達しないからです。

例えばiDeCoであれば、取扱のある投資信託の昨年の成績などを見せ、昨年と同じ成果であれば、「預金の金利よりも利回りがいいですよね」という説明します。
もちろん、リスクがあることも説明しなければならないため、必ずいい結果になることを保証するつもりがないことも、やんわりと伝えてくれます。

しかし、「当行より安い手数料で運用する方法がある」とか「もっと沢山の魅力的な商品を扱っているところがある」という話は、絶対にしませんよね。
そもそも彼らは投資に興味があるわけではないため、本当に知らない場合もあるのです。

銀行や信用金庫、郵便局の職員から積極的に与えてもらえる情報の中に、銀行が損をするような内容は当然含まれません。そのため投資に詳しくない初心者ほど、他のお得な運用方法があることに気が付きにくくなってしまうという仕組みです。

スマホを持っているなら銀行など窓口で口座開設するメリットは少ない

銀行などの窓口で口座開設するメリットは、徐々に減っていると言えます。
今の時代、インターネットが怖いからネット証券は信頼できないと考える人は少ないと思います。
むしろ、銀行の窓口より遅い時間までコールセンターを開設するネット証券会社もありますし、自宅に居ながら資産運用をプランニングし、運用までしてくれるロボアドバイザーのサービスも誕生しました。
つまり、「自信がないから窓口に行こう」「わからないから窓口に行こう」という、「窓口だけが、安心」という図式がなくなってきたのです。
そうすると、どれだけお得に運用できるかがカギになってきます。

続いては、窓口ではなくネット銀行をおすすめする理由について具体的に解説していきます。

窓口で買うな!NISA、idecoでネット証券がオススメな理由

NISA口座、iDeCoは1人1個しか作れない

NISA口座、iDeCoは1人1個までしか持てません。
「窓口で専門の担当者に相談できる」ことが決め手となり、地方銀行や信用金庫などを選ぶと、転勤などでそのメリットが失われてしまいます。
口座を他の金融機関に移すときには、手続きが必要ですし、手数料が発生することもあります。
したがって、もし地方銀行や信用金庫に特別なメリットがなければ、ネット証券、銀行にするのであれば全国的に店舗数のあるメガバンクで開設しておいた方が安心です。

株式投資も始められる

NISAやiDeCoは銀行、郵便局から申し込むことができますが、株の取引は、証券会社を通じてしか行うことができません。
もし後に株投資を行うことになれば、結局、証券会社で口座開設を行うこととなるのです。
それであれば、最初から投資方法そのものの選択肢が広いネット証券で口座開設しておくべきと言えます。
しかもネット証券では、NISA口座で株取引を行うと、取引手数料が無料になる場合があります。例えば、松井証券、GMOクリック証券、楽天証券、SBI証券などがこの取組みを行っています。

手数料が安い

iDeCoにかかる手数料は、加入時に国民年金基金連合に支払う2,777円の手数料のほか、口座の管理費として毎月、国民年金基金連合に103円、事務委託先に64円の合わせて月167円の管理費が発生します。
これに加えてほとんどの銀行では、運営管理手数料として、毎月300円~400円ほどの手数料が別途かかります。
この手数料があるかどうかで、年間の管理コストに数千円の差が生じます。
運用益からこの金額が差し引かれたものが利益ですから、このコストは重大です。
しかしながら、ネット証券では、基本的に運営管理手数料は0円です。

取扱う商品数が多い

取扱う投資信託は、それぞれの金融機関で変わります。
目当ての投資信託が決まっていれば、その投資信託を取り扱っている金融機関で口座を開設すればよいのですが、初めてだと投資信託を選ぶことは難しいです。
実際に投資をしてみて、商品に関心をもち、自分で商品を見るポイントをつかんでいくことが多いと思います。
そうすると、初めてのNISAやiDeCoの口座は、取扱う商品の数が多い金融機関で開設するに越したことはありません。
NISA、iDeCoともに取り扱う商品数が多いのは、SBI証券です。
NISAは2,000本以上、iDeCoは64本の取扱いがあります。
これ以外のネット証券も、平均的に品揃えが豊富といえます。

あとがき

NISA、iDeCoの口座は、ネット証券がお得です。
ぜひ個別の商品ラインナップや手数料で、自分に合う証券会社を見つけて下さい。

ネット証券でオススメはSBI証券か楽天証券です。

楽天経済圏の方は楽天ポイントで投資ができるようになった楽天証券がオススメ!
楽天をあまり使わない方はSBI証券で決まり!

最新キャンペーンはこちらから

楽天証券
こちらの記事でもNISA、iDeCo(イデコ)にオススメのネット証券会社を紹介してます。

iDeco(イデコ)・つみたてNISA(ニーサ)にオススメ証券会社(2019年度決定版)

2018.02.08

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!