【月5万円から始める株投資】初心者でも簡単にできる「成功のためのルール」とは

月5万円から始める株投資|初心者でも簡単にできる「成功のためのルール」とは

株投資の魅力は、少額な掛け金からチャレンジできることです。
しかしながら、「株投資は難しいもの」「初心者は稼げない」という印象をお持ちの方も多いと思います。
確かに株投資は、やみくもに投資すれば稼げるというほど、お気楽なものではありません。
しかし、稼げるトレーダーになるためにやっておくべきことは、実は単純なことばかりなのです。

成功のためのルール

月5万円から株式投資を始める人が、簡単に実行できる成功のための4つのルール

・損切りの金額を決める
・自分のポジションを決める
・長期間の投資は企業の数字を見る
・まずは1,000円稼いでみる

損切りの金額を決める

まず、株式投資で絶対にやっておかなければならないのが、損切り額を決めること、そしてそれを必ず守ることです。
初心者が必ずといっていいほどやってしまう失敗が、株価が下がっても「粘る」ことです。
諦めない姿勢は、株の世界では大きな損失に直結します。
まずは自分が負うことのできる損失額を計算し、損切り額をあらかじめ設定してから投資を行いましょう。
そして、その金額になれば自動的に売りに出すように設定しておくのです。
どんな時も冷静に行動することが、株取引を成功させるポイントになります。

自分のポジションを決める

株は安値で買って高値で売ることで、利益を得ることができます。
ところが、この「安値」と「高値」を見つけるのが大変なのです。
短期で値動きを見れば安値でも、1ヶ月で見ると実は高値だったりします。
したがって、株を始めたばかりのころは、まず自分が短期トレーダーなのか長期トレーダーなのか、その立場を決めましょう。
自分の立場が不明確なまま投資すると、利確のタイミングがぼやけ、取引に一貫性がなくなります。
例えば短期の値動きを見て安値だと判断して購入したのに、立場が不明確だと、値下がりした途端に長期の値動きで考え始め、もう少し様子を見ようなどと考えてしまい、いつまでも損切りに踏み切れないのです。
取引に一貫した判断基準を作れば、成功した時(あるいは失敗した時)のパターンを覚えることができます。
最初はこの方法で、小さな成功を積み重ねることが大切です。

長期間の投資は企業の数字を見る

株価の値動きだけで投資する銘柄を決めるのはとても難しいです。
もし、数社の株で迷ったら、その会社の「安全性」と「稼ぐ力」を数字で比較してみましょう。
それが
・自己資本比率
・自己資本利益率
という数字です。
この2つの数字は、各銘柄の有価証券報告書のうち【企業の概況】から確認できますが、貸借対照表があれば、簡単に計算できます。
投資期間が長いほど、会社のもつ「生命力」が大切になってきます。

・自己資本比率とは

自己資本比率とは、会社の資産のうち、負債を除いた自己資本がどのくらいあるかという企業の安全性のバロメーターです。
安全性が高い銘柄の方が、人気がでやすいため、市場価格に結びつきます。
安全性が高いといわれるのは50%以上です。
初めて長期の投資をする場合は、このラインを狙いましょう。
20%~50%未満であれば普通ですが、20%を切る銘柄は避けた方が無難です。
計算式は、純資産の部÷総資本(負債の部+純資産の部)✕100です。

自己資本比率が50%未満なら「返済力」もみておく

もし自己資本比率が高くない企業に投資したい時は、借入金の返済力も見ておく必要があります。
借入金残高から「営業活動によるキャッシュフロー」を割ることで、返済年数の目安を付けることができます。
「営業活動によるキャッシュフロー」も有価証券報告書で確認することが可能です。
一般的に3年未満であれば借入金による倒産リスクは低いと言えます。

・自己資本利益率とは

自己資本利益率とは、自己資本に対する利益の割合で、ROEともいいます。
その企業にどのくらいの収益性があるかを見る数字で、10%を超えれば、かなり高いといえます。
計算式は、当期純利益÷株主資本✕100です。

まずは1,000円稼いでみる

株は、短期間で数倍の値上がりをする銘柄もありますが、それは稀です。
おそらく多くの方は、リスクの高い一攫千金よりも、着実にスキルを磨いてローリスクで長く稼ぎたいと思っているのではないでしょうか。
長く稼ぐトレーダーになるためには、まずは沢山稼ぐよりも、マイナスを出さないことを意識する方が大切です。
1円でも利益を出すということにこだわると、高確率で利益を出せるパターン、そして確実に損失をカットするタイミングが自然と身についてきます。
まずは、何日かかってもいいので複数の株に分散投資して、少額で利確し、1,000円を稼ぐことを目標にしてみて下さい。
そうすると、自分の中で勝ちやすいパターンが見えてきて、次第に稼げる金額が大きくなってくるはずです。

あとがき

月5万円から株投資を始めたい人が、簡単に実行できる成功のためのルール4つをお伝えしました。
ぜひ参考にしてください。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!