つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の違いと選び方

積立NISAとiDeCoの違いと選び方

つみたてNISAとiDeCo(イデコ)は、どちらも長期の資産形成に向いている投資方法です。
それぞれにメリットはありますが、その違いを理解し、目的に合わせて活用しなければ、せっかくのメリットを十分に活かすことはできません。
今回は、つみたてNISAとiDeCo(イデコ)の違いを徹底解説します。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、NISAから派生した投資制度です。
NISA口座という独自の口座を開設し、その口座を通じて金融商品に投資すると、その譲渡益や配当金が非課税になることが最大の特長になります。
非課税額の分だけ、受け取れる運用益が多くなるため、それを原資として再投資すれば、複利効果も高まるというわけです。
自分のライフスタイルに合わせて一定額ずつ積み立てることで、効率の良い資産形成が狙える投資方法になります。

iDeCo(イデコ)とは

iDeCo(イデコ)とは、個人型確定拠出年金の愛称です。
毎月の掛け金を積み立てながら運用し、60歳を迎えた後に、その掛け金に運用益を上乗せした金額を、年金あるいは一時金で受け取ることができます。
また、運用益が非課税となるほか、掛け金の全額が所得控除となり、さらに受取時の税制も優遇されています。

つみたてNISAとiDeCoの違い

  つみたてNISA iDeCo
運用益 非課税 非課税
加入要件 20歳以上であれば可能 20歳以上60歳未満の国民年金加入者(第1号~第3号までのすべての被保険者が対象)
ただし、企業年金に加入している場合、例外あり
掛け金上限 運用益が非課税となるのは年間40万円の投資まで 第1号被保険者 68,000円まで
第2号被保険者 12,000円~23,000円まで
第3号被保険者 23,000円まで
(公的年金、企業年金のの加入状況などで異なる部分があります)
運用益以外の税制の優遇措置 特になし 掛け金の全額が所得控除
受取時、一時金は退職所得、年金は公的年金等控除が受けられる
引き出し いつでも可能 60歳まで不可
運用商品 投資信託 投資信託、保険など

・運用益

つみたてNISA、iDeCoともに運用益、配当金にかかる約20%の税金が非課税となります。
NISAの場合は、配当金をNISA口座で受け取れるよう「株式数比例配分方式」を選択することに注意して下さい。
ただし、ずっと非課税というわけではなく、つみたてNISAで非課税の恩恵が受けられるのは、投資してから20年が限度です。ロールオーバー(翌年の非課税投資枠に組み入れること)は、つみたてNISAではできませんので、20年を迎えたものは、一般口座や特定口座に払い出しとなります。

・加入要件

つみたてNISAの場合、20歳以上であれば、特に加入について制限はありません。
一方、iDeCoの場合は、20歳以上であれば基本的に加入はできますが、企業型年金に加入する会社に勤めている人の場合、会社の規約によっては加入できないことがあります。

・掛け金上限

つみたてNISAの場合、非課税となる投資額の上限は年間40万円(月額約3万3,000円)までです。
それ以上投資しても、NISAのメリットを受けられないため、事実上の上限額といえます。
iDeCoは、国民年金あるいは厚生年金保険料の上乗せとなるため、公的年金の加入状況に応じて加入金額に限度があります。
第1号被保険者(フリーランスなどの自営業者)は最大月額6万8,000円ですが、国民年金基金との合算で、この金額が上限となります。
第2号被保険者は、会社員の場合、企業年金の加入状況で掛け金の上限が変わります。
公務員や私学教員は、月額1万2,000円が上限です。
第3号被保険者とは、第2号被保険者に扶養されている人をいいます。
専業主婦や収入が所定の金額に満たないパートタイマーなどが該当します。

・運用益以外の税制の優遇措置

つみたてNISAは、運用益が非課税になること以外、税制メリットは特にありません。
一方iDeCoの場合は、まず掛け金の全額が所得控除の対象です。
また受取時は、年金であれば公的年金等控除、一時金であれば退職所得控除額により、所定の金額まで非課税で受け取ることができます。

・引き出し

つみたてNISAは口座内からいつでも引き出すことができます。
ところがiDeCoは、60歳まで引き出すことができません。
さらに60歳時点の加入期間が10年未満であれば、最高で65歳まで受け取り開始が遅れます。

・運用商品

つみたてNISA、iDeCoはともに“投資”です。
それぞれの証券会社や金融機関が提携する投資信託に、掛け金を投入することとなるため、必ずプラスになるわけではありません。

まとめ

iDeCoは節税効果が高く、受取時の税制も優遇されていることから、節税効果を踏まえた実質利回りを考えると、NISAよりかなりお得な制度になります。
しかしながら、つみたてNISAとiDeCoのどちらに加入するかの決め手は、その「目的」です。
老後の準備ならiDeCoですが、60歳まではライフスタイルの変化が激しく、何かとお金が必要となることが多いということは、心に留めておく必要があります。
いざという時には使いたいけれど、運用もしてみたいという場合に丁度いいのがつみたてNISAです。
一長一短なので、ぜひご自身の目的に合わせて選んで下さい。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!