IPOの抽選とは?初心者でも当選が狙いやすい証券会社とは?

IPOの抽選とは?初心者でも当選が狙いやすい証券会社とは?

IPOとは、新規上場する株式のことです。
上場と同時に値上がりするケースが多いことから、IPO株は投資家の間で人気があります。
そのためIPOの公募には、発行予定数より多くの応募が寄せられることは珍しくありません。
その場合、どの投資家にIPO株を配分するかは、基本的に「抽選」となります。
今回は、IPOの抽選の仕組みや初心者でも当選が狙いやすい証券会社について解説します。

そもそもIPOに参加するには

IPOの予定に関する情報は、JPX(日本取引所グループ)の「新規上場会社情報」やIPOの引受けを行う証券取引所のサイトなどで公開されています。
日本取引所グループ「新規上場会社情報」
https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

公開されている情報は、
・上場予定日
・会社の概要
・有価証券報告書(前期までの経営の状況などがわかる)
・公募株式数
などです。
これらの情報から、参加する銘柄を決めたら、会社概要からIPOスケジュールを確認します。

IPOスケジュール

下記の流れで進められます。

仮条件決定→ブックビルディング→公開価格決定・抽選→当選者による申込み→払込期日→株式受け渡し・公開

それぞれの内容は以下のとおりです。

仮条件決定 主幹事(幹事)証券会社(IPO株を引受け、販売する証券会社)が、専門家へのヒアリングなどで一般投資家への販売価格を価格帯で提示し公募する
ブックビルディング期間 投資家が仮条件の範囲内で応募できる期間のこと。
主幹事(幹事)証券会社は、投資家の購入数や価格を参考に需要を見極め、公開価格(投資家が購入できる額)を決める。大体価格対の最高値で決まる。
公開価格決定日 公開価格を発表します。抽選、当選発表も行われます。
申込期間 当選した投資家が購入の申し込みを行います。
払込期日 購入代金の払込期日です。
株式受け渡し 購入した株を受け渡します。

IPOの抽選とは

IPOの抽選は、ブックビルディングで、応募者が発行株式数を上回る場合に行われます。
抽選の対象者になるには、
・ブックビルディングに参加したこと
・公開価格以上で応募したこと
の両方の要件を満たすことが必要です。
したがって投資家は、まずブックビルディング期間と仮条件を確認します。
その後、確実に公開価格以上で応募できるよう、ブックビルディング期間に入ったら、仮条件の最高値で応募することが多いです。

IPOの抽選で知っておくべきこと

・抽選配分と裁量配分

公募株式の全てが抽選による配分となるわけではありません。
抽選による配分に対して、「裁量配分」という配分方法があります。
「裁量配分」とは、優良顧客に優先的にIPO株式を配分するといった証券会社の基準による配分方法です。
したがって、初心者でも参加しやすいIPOとは、抽選配分を行う証券会社で参加するIPOになります。

・平等抽選かどうか

抽選配分の中でも、申込み口数で投票権を増やすことができる抽選方法を採用している場合があります。
この場合も結局は、裁量配分のように資金力のある投資家が有利になります。
一方、1人の投資家につき1票とする完全平等の抽選もあり、この方法であれば、資金力に関係なく誰でも平等に当選チャンスを与えられます。

初心者でも当選を狙いやすい証券会社とは

初心者でも当選を狙いやすい証券会社は、抽選配分を行う証券会社のうち、完全平等な抽選を行うものです。
ここでは、その要件に合致する証券会社3社をご紹介します。

・マネックス証券

“マネックス証券のIPO(新規公開株)は、取引実績やお預り資産にかかわらず、当選確率は平等です。“マネックスHPより引用

マネックス証券で行われるのは、完全平等の抽選です。

さらに、2017年のIPO引受けは、全90社中37社と多めな点も魅力があります。
初心者でIPOを狙うなら、ぜひ登録したい証券会社です。

マネックス証券の口座開設はこちらから

・松井証券

松井証券

“IPO(新規公開株)、PO(公募・売出し)は公募・売出し価格以上で需要申告を行った全お客様を対象に抽選を行います。”松井証券HPより引用

松井証券も完全平等の抽選方式になります。

通常の株取引手数料も無料となる範囲が広いため、こちらも口座開設しておいて損はありません。

注目のIPO(新規公開銘柄)。松井証券の取扱銘柄はこちら。

・GMOクリック証券

“コンピュータを用いて乱数を生成し、購入申込者に対して割り当てます。(中略)この抽選はすべてシステムにおいて行うため、人為的な作業が入ることはありません。”GMOクリック証券より引用

GMOクリック証券も完全平等で、人為的な作業は一切ないことを公言しています。

しかも、通常の取引手数料が安価なことや、初心者に嬉しい投資分析ツールが充実していることなどから、こちらも初心者におすすめの証券会社です。

≪GMOクリック証券≫操作性・機能性に優れた使いやすいと好評の無料取引ツールが充実!

まとめ

IPOの抽選の仕組みや初心者でも当選が狙いやすい証券会社について解説しました。
初心者でも儲けるチャンスが大きいIPOですが、当選しなければ何も始まりません。
ぜひ当選しやすい証券会社を選び、積極的にチャレンジしていきましょう。
IPO狙いの場合、口座開設をしていないと参加できませんので
口座開設をしていない方は、まずは登録してみてください。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!