50万円の元手で資産運用を成功させるコツとオススメの運用方法

50万円の元手で資産運用を成功させるコツとオススメの運用方法

50万円の元手でどのように運用しようか考えているところでしょうか?
今回は50万円から資産運用を始める人はどのようなスタンスで望めばいいのか?
そして、オススメの資産運用方法をご紹介します。

まずは50万円をいくらくらいにしたいのかよく考えよう!

資産運用で大事なことは、まず目標をしっかり定めることです。
目標なくしては、正しい資産運用の方法を選定できません。
目標は具体的に描ければ描けただけ良いとされています。
何年間かけて、いくらまで増やすのかと具体的に考えましょう。
また、目標は現実的であれば尚良いです。
例えば、50万円を1年で500万円に増やすのは非現実的でしょう。
FX取引で一発当てなければ不可能です。
リスクも高すぎてお勧めできません。

具体的には50万円なら20年かけて2倍の金額にするくらいのリスクがいいでしょう。
全く夢がないような話に思えますが、この場合年間利回り3.6%で目標を達成できます。
一見簡単そうに思えますが、毎年3.6%のパフォーマンスを達成できる可能性は低いのです。
それは、多くの投資信託の運用成績を見ればわかります。
目標額は現実的な数字にしましょう。

もっと大きく資産を増やしたいなら、毎月積立投資を

50万円を100万円にするのに20年も待てない!という人は毎月積立投資を行いましょう。
例えば、毎月3万円積み立て、毎年利回り2.4%で運用できたら20年後には1000万円になっているのです。
夢がある話に思えますが、実施これは比較的簡単に達成できるのです。
利回りも2.4%でいいので、十分達成可能です。
資産を大きく増やしたのなら長期的な目線で、毎月少額でもいので積立投資を行いましょう。

50万円の元手でオススメな資産運用方法

50万円の元手で資産運用を行う際にオススメの方法をご紹介します。
それは次の2つです。

1.投資信託を使い長期国際分散投資を行う

2.ロボアドバイザー「THEO」か「WealthNavi」を利用して資産運用

1.投資信託を使い長期国際分散投資を行う

50万円の元手なので、当然株式投資には向きません。
株式投資はある程度資産がある人向けの投資方法です。

そこで白羽の矢が立つのは投資信託です。
投資信託の利点は少額から国際分散投資ができる点です。
投資信託でポートフォリオを構築する時は、海外に投資を行うことが大切になってきます。
世界経済は年間3%成長しているので、世界中に分散投資を行えば、年間3%の利回りは十分狙えるのです。
少額から、正解中に分散投資できる投資信託は50万円からの投資に最適なのです。
また、積立投資を考慮に入れている方も投資信託は使い勝手がいいです。
例えば、株式で積立投資を行のうと思うと月に何十万という積立金が必要になります。
これは非現実的な話なのです。
積立投資を行おうと思っている人にも投資信託はオススメです。

2.ロボアドバイザー「THEO」か「WealthNavi」を利用して資産運用

ロボアドバイザー「THEO」か「WealthNavi」に利用もオススメです。
ロボアドバイザーとは、顧客がお金をロボットに預ければ、ロボットが勝手に運用を行なってくれるサービスです。
また、ポートフォリオのリバランスまで行ってくれるものもあります。
中でも「THEO」か「WealthNavi」は多機能である点と海外ETF(上場投資信託)と利用して国際分散投資を行なっている点でオススメです。
ちなみに「THEO」は10万円から「WealthNavi」は30万円から運用を行うことができます。
手数料は、保有資産の1%と少し高めですが、元手が50万円なのでその1%は5000円です。
5000円で面倒な資産運用の一切をロボットが代行してくれるのですから、決して高い手数料ではないでしょう。

あとがき

今回は50万円の元手で資産運用を行う際に考えておくべきことと、オススメの資産運用法について解説しました。
是非参考にしてみてくださいね。

イデコ・つみたてNISAにベストなオススメ証券会社まとめ(2019年度)

2019年からiDeCo(イデコ)、つみたてNISAを始める方に向けにオススメの証券会社をまとめました。
つみたてNISA口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することが出来ません!そこで重要なのが、どの金融機関(証券会社や銀行)選ぶかということです。
よく質問をもらうSBI証券と楽天証券どっちにしたらいいの?にも答えます!