イデコ(iDeco)

イデコ(iDeco)

2017年1月から大幅に制度改正された、個人型確定拠出年金(iDeCo/イデコ)。
この制度改定を受けて、個人型確定拠出年金やiDeCoという言葉を耳にする機会も増えたのではないでしょうか。

イデコ(iDeco)は「月々の掛け金を自分で用意して、自分で運用を行う年金制度」です。

iDeCoを利用することにより様々な税制優遇を受けながら、老後の備えとなる自分年金を作ることができます。
基本的なルールは全国一律で、毎月5000円から積み立てることができます。

イデコ(iDeco)には、税金面で3つのメリット

1.掛け金が全額所得控除になる

所得控除とは所得税や住民税を計算する際のベースとなる「所得金額」から差し引くことができます。
所得控除の金額だけ所得金額が減るので、税金も少なくなり、その分節税効果が高くなります。

掛け金に対して年収が600万円以上ならおよそ20%、800万円以上ならおよそ30%の額が節税

2.運用益が非課税となる

3.受取額のうち一定額が非課税となる

イデコ(iDeco)は資産運用には欠かせない制度

現在、日本は少子高齢化が急激に進んでいます。
今後、年金の支給額が減額されたり、支給開始年齢がさらに遅くなる可能性は十分考えられます。
その為、予めイデコ(iDeco)などを利用して資産形成しておくことが大事になってきます。

イデコ(iDeco)は節税効果を享受しながら資産運用も出来る制度です。
イデコ(iDeco)のメリットを最大限享受して、老後のための資産形成を行なっていきましょう。
運用に回す額は少額でもいいので、これから運用について勉強したいと考えている方にもオススメの制度です。

これから始める方に向けて証券会社選びや商品選びの記事を公開してます。