投資信託

積立NISAやiDeco(イデコ)の登場で「投資信託」という言葉を聞いたことが多いのではないでしょうか。

「投資信託」は、金融商品の一つです。

投資家からファンドマネージャー(運用の専門家)にお金を預けて投資を任せます。
運用の専門家は株式や債券などに投資・運用していき、運用成果を投資家の投資額に応じて分配されます。

投資信託のメリット

メリット1:「少額で買える」

投資信託は5,000円や1万円が最低購入金額のところが多かったのですが
最近、SBI証券や楽天証券などのネット証券ではワンコインの100円から商品が買うことが出来ます。
スタートする人には始めやすいですね。

運用はプロにお任せ

ファンドマネージャー(運用のプロ)に運用を任せるので、基本的には手軽に始められます。投資信託を始めるに投資のテクニックや知識は必要ありません。

手軽に分散投資

投資信託は複数の投資対象に分散投資されています。
商品によっては株式、債権、REIT(不動産)などに分散したものがあり、リスク分散しているので極端な値下がりや損出を抑えたりする効果があります。

投資信託のデメリット

「元本割れの可能性がある」「手数料が発生する」

投資信託はメリットもあるのですがデメリットもあります。

用のプロに任せたと言え、あくまで投資になりますのでうまく行かず元本割れすることがあります。

また、購入時や売却時に信託報酬や販売手数料などの各種手数料が必要です。

SBI証券や楽天証券などのネット証券では手数料が安いのが魅力的です。
口座開設もスマホがあれば開設出来る手軽さもあり、これから口座開設を考えている人はネット証券がオススメです。

NISAやiDeCo(イデコ)をこれから始める方にオススメのネット証券会社を紹介してます。

iDeco(イデコ)・つみたてNISA(ニーサ)にオススメ証券会社(2019年度決定版)

2018.02.08