独立系ファンド/直販型投資信託

直販型投資信託とは、運用会社(独立系ファンド)が個人投資家に直接販売する投資信託です。
有名なところだとセゾン投信やさわかみファンド、ひふみ投信などがあります。

投資信託は、投資家から集めた資金を運用する運用会社と、投資信託の募集・販売などを行う販売会社(銀行や証券会社)が分かれていることが多いです。

通常、個人投資家は、口座を保有している銀行や証券会社で投資信託を購入しますが、直販型投資信託(独立系ファンド)を購入する場合、運用会社で口座を作って直接購入するので、購入手数料がかかりません。

また、運用会社ごとに独自の運用方針がありますので、どういった方針で運用しているのか目に見える安心感があります。
運用コストよりもファンドマネージャーの運用方針などを重視して購入する投資家の方も多くいます。